2010年01月24日

ジェフ・クーパーその後 (グリップセフティー その2)

さてさて、

あじゃさんにお持ち帰り頂いたグリップセフティーですが、

実は、WA純正の他にも、もうひとつあったんです!
それが、コチラ↑

あぁ、美し過ぎるぅ~~~



もとは、こんな感じでしたのよ。

シェリフのステンレス製のグリップセフティー。
でも、シェリフ製で、ダックテールというのも
珍しい気がしますね。


それが、

あじゃさんの手にかかると、こんなに綺麗に!


シェリフのダックテールも、

この部分をジェフ・クーパーの実銃のように、


面取りをして頂きましたぁ♪

艶消しでザラザラしていた表面も綺麗になっています。


そして、

そして、

この美しさを見よ!

驚きの鏡面仕上げぇ~!
さすが、あじゃさんのハンドパワー。ヤスリを持ったあじゃさん
にかかると、こんなに美しく変身です♪

ここまで来ると、もうトイガンパーツと言うよりは、アクセサリー
や、ジュエリー級の仕上げですねぇ。(ウットリ)


あ~ん、

どの角度で撮っても、写っちゃうよ~。
(うれしい悲鳴♪)


他の部分は、

落ち着いたヘアライン仕上げです。


もとは、

こんなですからね~。


素晴らしいダックテールグリップセフティーが2つも!

鏡面仕上げと、ヘアライン仕上げ、どちらも美しいですね。


あなたはどちらが好みですか?
私はどっちも素晴らしいので、どっちにしようか、
まだ決められませ~ん。


とりあえずは、

ジェフ・クーパーのカスタムで仕上がっているのは、
ここまでです。
あと何点か、加工が必要な箇所があり、そこはまだ
完成していないので、出来ましたならば、またUP
したいと思いますので、長い目でみてやって下さいね。

ではでは~
  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(6)ジェフクーパー

2010年01月23日

ジェフ・クーパーその後 (グリップセフティー)

♪アヒルのう~た~がぁ~

 聞こ~え~て~ 来~る~よぉ~

 グワッ グワッ グワッ♪


家にある、ダックテールのグリップセフティーです。

ビーバーテールのように、スッキリとシャープじゃない
無骨さが、好きです。エグれてる感じもたまりません。


しかし、比べて見ると、エグれ具合には色々とあるようです。


向かって左側のシルバーは、WA純正の物です。

それに対し、黒いのはタナカのマグナです。
スプリングフィールドアーモリーモデルの、「スタンダード」や
「チャンピオン」に付いていた、グリップセフティーですね。
太くて、反り具合もキツイです。おんなの子はこういうのを
求めているのかな?(なんの、話でしょう・・・?)


それに対し、

こちらは、KMのステンレス製のグリップセフティー。
純正と比べて細くて、ションボリとした感じですね。
まるで、終わったあとみたい・・・(だから、ナニが?)


さて、

こちらはもともとはWAの物です。つまり、もとは同じもの
なのですね。


でも、な~んか違いますね。


それもそのはず、

ヤスリを持たせたら世界一の、シコリーヌ・アジャリノフこと、
ヤスリ極道のあじゃさんに、以前家に遊びに来て頂いた時に
シコシコして頂いたのが、こちらのグリップセフティーです♪

実銃のジェフ・クーパーのグリップセフティーが面取りされて
いたようなので、その加工をして頂きました~
シコシコ動画で映っているがそうです♪


お持ち帰り頂いて、さらなる仕上げがなされたのですが、


う~ん!美しい♪

綺麗なヘアライン仕上げになりました~!


サイドも、トップ部分も、

綺麗な仕上げになっております。


亜鉛はこのままではすぐに白く曇ってしまうので、あじゃさん
のデトニクスCIAモデルのように、表面はガラスコーティング
されております。
なので、通常の使い方で、ニギニギしている分には、まったく
問題ありません。


もとはこんなですからねぇ。

あまりにも違いすぎますね。


  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(7)ジェフクーパー

2010年01月22日

ジェフ・クーパーその後 (軸穴拡大)

さてさて、

てるぱ大臣さんに加工して頂いたセフティーですが、


そのままでは、

Timmさんのフレームには入りません。


なので、

フレームのこちら側だけ、ドリルを使い、


穴を広げます。

これで、太軸対応になりました。


セフティーもちゃんと収まります。

穴広げたのも分かりませんね。


でも、

フレーム反対側から見れば、ちゃんと軸は細軸に見えます♪

  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(2)ジェフクーパー

2010年01月21日

ジェフ・クーパーその後 (セフティー)

え~、

JBの愚息さん、
お待ちどう様でした、

ジェフ・クーパーのお時間でございます♪


え~とですね、
ジェフ・クーパーの実銃はミリガバベースなので、
セフティの軸穴は細軸の4mmなのですが、

WAのモデルはと言いますと、


太軸の5mmなんですねぇ。

これでは、せっかくTimmさんに素晴らしい塗装をして頂いた、
フレームに入らないので、セフティの加工をてるぱ大臣さんに、
お願いしました。


どんな加工かと言うと・・・、


こんな感じです♪

根元の方は、フレームに組んでしまえば見えないので、
太軸のままで、フレームから見える先端部分だけ、細軸
の4mmにして削って頂きました。


画像見ると、簡単なようですが、この加工をするにあたり、


このような、

冶具を作られたそうです。


セフティーを、

このようにハメて、


そんで、

軸の先端を加工するのですね。
いやぁ~,手間がかかっております・・・。


手加工では成し得ない、

とっても綺麗な仕上がりです。

てるぱ大臣さん、ありがとうございましたぁ~♪  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(21)ジェフクーパー

2009年12月05日

ジェフ・クーパーその後 (フレーム)

まずは、

こちらのフレームをご覧下さい。


そして、UPの画像をば。

どうです?綺麗でしょ♪


さて、

こちらは、WA純正のフレームです。


UPはこんな感じ・・・

う~ん・・・

最近のWAのシルバーモデルは塗装がほとんどなので、
こんなものでしょうかねぇ。


そして、

WA純正と比べてみた!

う~ん、
ちょっと分かりにくいかなぁ。


これだとどうかな?

どうです?

明らかに違うでしょう。純正のラメの荒さと言ったら・・・

果して、このフレームはなんぞや?


実はこのフレーム、

もとは、マグナテックのミリガバのフレーム(ABS)なんです。


それをですね、
エングレ倶楽部でもお世話になっている、「Timm」さんに、
スプレーで塗装して頂きましたぁ~♪

今年の新春ブラックホールの時に、実際にに初めてお会いして
塗装の依頼をお願いしました。

と、言うのも、
以前にTimmさんが製作された「COLT 25 AUTO」を実際に
この手に取って拝見し、その塗装の素晴らしさに惚れこんだ
からです。

仕上げや綺麗さに拘る、あじゃさんですら、
「これ、メッキ?」と、言わしめるこの美しさ。


ちなみに、

こちらが、WAのウィルソンSGのメッキフレームとの比較です。


どうでしょう?

そんなに変わらないくらいでしょう?

う~ん、

こんなに素晴らしい塗装が出来るなんて、Timmさん凄すぎです!


なんで、
こんな手間のかかることをしているかと言うと、


WA純正では、

画像のように、セフティーの軸穴が5mmの太い穴なのですが、


実銃が、

ミリガバをベースにしているので、軸穴は4mmの細い穴が
正解なのです。

小さい穴を大きく広げることは出来ますが、大きな穴を小さく
するのは、ちょっと難しいですもんね。


なので、

フレームは、このTimmさん謹製フレームを使用したいと
思います♪

Timmさん、ありがとうございました~!

  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(6)ジェフクーパー

2009年11月27日

シコシコして下さい♪

実は、

神谷会に行く前に、
あじゃさんに、うちに遊びに来て頂きました~♪
引越ししてから、あじゃさんの家とも近くになったので、
ちょっと寄ってもらいました。
引越ししてから、初めて遊びに来た方があじゃさん
だったりしま~す。


準備はしてありますので、

思う存分、シコシコして下さい!(笑)


しかし、

・・・、

セカンドバックに、

ヤスリを何本も携帯している人を、私は今までに見たことが
ありません・・・

さすが、「ヤスリ極道」のあじゃさんです!


軽~く、

グリップセフティーなんかを、シコシコして頂きました。


え~、

公約通り、

「ヤスリ極道」の動画をご覧下さい。
動画その1
初めはやさ~しく、ゆっくりとしたストロークで。


だんだんと、
動画その2
小刻みに、手を動かして行きます。


あ~もぉ、
動画その3
ガマン出来ません!


イっちゃいましたぁ~♪

とりあえず完成です。

棒ヤスリだけで、ペーパーがけなしでも綺麗に仕上がって
いるあたり、さすが「ジャパン・シコシコ・チャレンジ」の
チャンピオン、あじゃさんであります♪


でも、更なる仕上げのため、お持ち帰り頂きました~。


実は、

これも、

「ジェフ・クーパーへの道」の一環なのであります。





  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(12)ジェフクーパー

2009年09月25日

三回忌

今日が三回忌になります。

そのお方は、

今でも、

「コンバットシューティングの父」、

「.45オートの神様」など、

色々な呼び方をされています。

この方がいなければ、

ガバメントを使ったコンバットシューティングは、

こんなにも普及していなかったことでしょう・・・

その方こそ、

ジェフ・クーパー(Jeff Cooper)そのひとです。

86歳でその生涯に幕を閉じました。{1920~2006}


アメリカに墓参りには行けないので、

遺影を持って、彼岸花の群生しているとある場所で、


その魂の安らぎを祈りました。

                       (撮影:川崎市某所)


晩年の画像があったので、

それを、


以前、虚空弾道さんがご紹介していた、

幕末古写真ジェネレーターで古~く加工しました。


ただ印刷してもつまらないので、

ジェフ・クーパーさんが生まれた1920年代の紙を入手。
こちらのレターセットです。
ジェフ・クーパーさんと、同じ時間を過ごしてきた紙なので、
ただの紙とは言え、気持ちの上での重みが違います。
この貴重な紙で、弔ってあげましょう。


この、

古~い便箋に印刷します。


紙には透かし彫りもあり、

雰囲気もバツグンです♪


印刷し、写真たてに入れれば、

遺影の完成です。



 私はシューターではないので、

 あなたのように華麗に、

 あなたのように早く、

 あなたのように正確には撃てません。

 しかし、

 あなたのように、

 ガバメントを愛する気持ちは変わりません。


 10月に、

 「ジャパン・スティール・チャレンジ」という、

 シューティングの大会があります。

 親愛なる仲間達と、出場してきます。

 シューティングを楽しむために・・・。

 もちろん、使う銃はガバメントです。



 天国から見守り下さい、

 ガバメントと、

 シューティングを愛する、

 全てのシューターのために・・・


  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(0)ジェフクーパー

2009年09月24日

ジェフ・クーパーその後 (フロントサイト)

私のお気に入りの銃、

WA SCW ジェフクーパー1911ですが、
とりあえずはここまで出来ています。
なので、その後です。


アウターバレルの根元を削って短くし、
スライドの切り欠きを深くしてプラグを前に出し、
実銃のように、ブッシングと面いちにしましたぁ~。

どうでしょうか?


「?」

「あれ?」

「フロントサイトがなんか違うような・・・」

って気付いたあなたは偉い!

そうなんです!


WA純正と比べてみて下さい。

実銃のようにランプタイプです。


フロントサイトの厚みも、

純正より厚くなっています。


セレーションも、

しっかりありますよぉ~♪


実は、

てるぱ大臣さんに、スティール削り出しで作って
頂きましたぁ~。ありがとうございます!
しかも、ヒートブルー仕上げです♪(ウットリ)


セレーションのギザギザは、

1段1段、手作業?で角度を変えるという手の懲りよう。
いやぁ~、恐れ入りました。


見た目の良さだけでなく、

実際にサイティングしてみると、


フロントサイトが純正より厚くなっているので、

ボーマーサイトから覗くと、隙間がほとんどなく、
正確に狙えます♪


これでまたひとつ、実銃の再現に近づきました。
  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(2)ジェフクーパー

2009年03月30日

今後の課題

あ~、


とりあえずですね、
実銃のジェフ・クーパーモデルを再現するべく、

スライドストップを付属のブルーイングではない、シルバー
メッキのものに変えたり、


グリップスクリューの1つをシルバーのものに変えたり、

スクリューのネジの向きを合わせたり、


ハウジングピンを、

黒いものに変えたりしました。


ここまではなんとかいいのですが、


あとは、

フロントサイトの形状をどうするか、(実銃は、リボルバーの
サイトのようなランプタイプ)


アウターバレルはブッシングと面イチなので、バレルを短く
したり、

プラグもブッシングと面イチなので、ブッシングを薄くするか、
プラグ自体を飛び出させるかしないといけません。


また、

トリガーはこのようなアジャストスクリューの無いただの
ワイドなトリガーですし、


このMEUアーリーベースのフレームは、

セフティーの軸穴が太軸ですが、実銃はミリタリーのフレーム
ですので、細軸なのです。

このように、細かく見ていくと、実銃のモデルに近づけるには、
もうちょっと、手を加えないといけませんね。


そして、

最大の難関である、象牙グリップへのスクリムショウが
残っているのであります・・・。

まぁ、急ぐわけでもないので、のんびりとやっていければ
いいなぁ、とは思っていますので、カスタムしましたなら
またご報告いたしますねぇ~。


ではでは~


  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(0)ジェフクーパー

2009年03月29日

ravenグリップ

さてさて、ジェフ・クーパーモデルと言えば、
パッと目に付くのが、そのグリップであります。

グリップ両側にはこの様な模様があります。
当時は、レーザー刻印とかプリントの技術が現在のように
発達していなかったはずですので、アイボリー(象牙)に、
エングレーブ(スクリムショウという技法)を施してあった
んだと思います。


こちら側は、

raven(ワタリカラス)で、


反対側は、

バッファロー?水牛?でしょうかね?

どちらの模様も実銃の画像を取り込み、きれいに再現
されています。工法としては、「コブラのガバ」のグリップ
と同じように製作したそうです。


グリップ裏側はこんな感じです。

グリップウェイトの形状からも、Jアーモリーのビューローの
グリップがベースのようです。


グリップスクリューのお皿の納まる窪みは、

浅いですね。


なので、

グリップスクリューも、ビューローなどに使われる、お皿の
薄いものが使用されています。


プラのゆがみがけっこうあるのでしょうかね?

そういえば、グリップスクリュー外す時、すっごく固かったのは
このゆがみを押さえるためだったんですね。


さてさて、

「ガンサイト」、といえば、このraven(ワタリカラス)のマーク
なのですが、


スライドにも、

刻印があります。


旧ガンサイトにも、

ABSにメッキですが、刻印がちゃんとあります。

ジェフ・クーパーモデルのグリップが、この「ガンサイト」
のマークの由来になっているのですね。
はてはて、ジェフ・クーパーとワタリカラスとの繋がりは
なんだったんでしょうね?昔のGUN誌とか読み直して
みたら載ってますかね?
物知り博士の、SCM4steel さ~ん、知りませんか?


ガンサイトのホルスター(GALCO製)にも、

刻印があるのですが、こっちの鳥は、くちばしを見ると
どうもカラスではなさそうですね・・・。
間違っちゃったのかな?

  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(2)ジェフクーパー

2009年03月28日

スペシャルなパーツ達

こちらが、
ジェフ・クーパーモデルの売りである、特別なパーツ達です♪

フレームに付いているパーツです。


外してみました。

トリガー、スライドストップ、サムセフティー、ハンマーです。
全てのパーツが磨き上げられ、くすんだグレーの色合いで
ブルーイングがされています。


トリガーです。

イモネジで、トリガーの遊びを調整できます。
(しかし、実銃のジェフ・クーパーモデルは、このタイプの
トリガーではありません。ただのワイドなトリガーです。)


スライドストップです。



裏側が肉抜きされているタイプですね。



サムセフティーです。

セミワイド?とでも言うのでしょうかね?


指のかかるところがなだらかなので、痛くありません。

軸は太軸のタイプです。
(ここも、実銃はミリガバのフレームベースなので、軸は
細軸なんです)


ハンマーはリングタイプですね。

私個人的には、このリングハンマーと、ダックテールの
グリップセフティーの組み合わせが一番好きですね。


さてさて、
上記の目で見て分かるパーツの他にも、見えないところで
カスタムされているパーツがありました。

こちらの、グリップセフティーと、ハウジングをよくご覧下さい。
グリップセフティーが飛び出ていなくて、ハウジングと面イチ
なのが分かりますでしょうか?
実銃のジェフ・クーパーモデルでもこのようになっています。


フレームからパーツを外してみると、

このようになっていました。


なんと!

グリップセフティーの機能がキャンセルされているでは
ありませんか!


この部分に、ロールピンが打ってあり、

グリップセフティーが外に飛び出ないようになっています。
これはありがたいですね。


  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(0)ジェフクーパー

2009年03月27日

フレーム比較

さてさて、

フレームの比較に参ります。


上がMEUアーリー(Ver.2)のフレームで、

下がジェフ・クーパーのフレームになります。
シルバーモデルの色合いにも色々と種類がありますが、
このシルバーは、ガンサイト、ナショナルマッチ、V10などと
同じ色合いのシルバーでした。


MEUのトリガーガード周りを見てみると、

トリガーの穴はラージサイズの大きいトリガー用になっており、
フレームにある、指があたるところの肉抜きも、エッジが
シャープな切り欠きになっています。


ジェフ・クーパーのフレームを見ると、

MEUと同じところに、「G.H.D」や、「P」、といった刻印が
あります。


フレーム反対側の刻印を

見てみても、


まったく同じ刻印なので、

ジェフ・クーパーのフレームは、MEUアーリーのフレームを
使用しているのですね。


ただ、

ジェフ・クーパーのフレームは、ビーバーテールのグリップ
セフティーを使用しないので、サムセフティーの軸が収まる
フレームの出っ張りは、1911などのミリタリータイプと同じ
でそのままです。


MEUはビーバーテール対応なので、グリップセフティーの
形に合うように、加工されていますね。

もとからこの形状かなぁ?なんて思っていたのですが、
あきらかに削ったような跡が見られますので、後加工
なのですね。


あ、
そうそう、
ぜっぷさん、

このフレームですよ、無理やりインナーシャーシを外そう
として、「ボキっ!」と折ってしまったフレームは。
まぁ、インナーシャーシを組んで、それに直接接着して
しまえば、使えない事はないんですがね・・・。

  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(2)ジェフクーパー

2009年03月26日

バレル

さて、
バレルを見てみましょう。

真鍮にメッキ製のバレルに、メタルチャンバーが付いています。


刻印は、「BAR STO」です。

エジェクションポートから見える部分が、磨き上げてあり、
ピカピカと光っています。


ご覧のように、パーツ単体で購入した、

WA純正のメタチャンと比べると、仕上げの良さがわかりますね。


アウターバレルなのですが、

よく見ると、細かく、細い線がず~っと入っています。


わかりますかね?

エンジンターン?、ホーニング加工?このように加工された
WAガバのアウターって見たことないのですが、他にはどんな
モデルに付いていたのかなぁ?


マズルのクラウンの部分も、

クラウンとの段差が、きっちりと出ていて、ノーマルアウター
のような丸くダラ~ンとしていなくて、エッジがしっかりと
出ています。

インナーバレルは、メッキされておらず、真鍮の地のまま
ですね。


  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(2)ジェフクーパー

2009年03月25日

プラグ比較

ナショナルマッチのプラグ(向かって左側)と、

ジェフ・クーパーのプラグです。
ナショナルマッチのプラグは、ステンレス?スティール?から
の削り出しで、素材そのままの色合いです。
ジェフ・クーパーは、フレームのシルバーの色合いに合わせ、
塗装がされています。


ナショナルマッチのプラグのチェッカリングはかなり鋭いです。

ジェフ・クーパーのプラグの形状は初めて見ましたね。


ナショナルマッチのプラグのチェッカリングの部分を削って、

平らにしたのが、ジェフ・クーパーのプラグのようです。


このように、段差をかみ合わせて、

向かい合わせてみると、ジェフ・クーパーの方が、出っ張りが
薄いですね。


なので、

その分、長さも短くなっています。
  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(0)ジェフクーパー

2009年03月24日

スライド比較

さて、
それでは各部を細かく、見ていきます。


まずはスライドからです。

上から、ナショナルマッチ、
     ホーグ5インチ、
     ジェフ・クーパー

と、なります。


3つとも、ベースは同じスライドになります。

丈夫で、他のスライドと比べて厚みがあります。
なので、スライドの後ろからバレルを入れることは出来ません。
画像のように、バレルがスライドの上に、乗っちゃいます。
(詳しい説明は、コチラコチラをご覧下さい♪)


プラグが収まるところを見てみます。

ナショナルマッチと、ジェフ・クーパーには、根元に切り欠き
があります。


こんな感じで、

この切り欠きにプラグが収まります。


上、ホーグ5インチと下、ジェフ・クーパーの比較です。

ホーグ5インチは、ツバ付きのプラグを使うのですが、
ジェフ・クーパーは切り欠きにプラグが収まる分、プラグと
収まる部分が長くなっています。


ホーグ5インチのスライドは、

フレーム内側とのガタをツバ付きのプラグで隙間を無くすので、
プラグが収まるところには、ガタ取り用の出っ張りがありません。


しかし、

ナショナルマッチとジェフ・クーパーはプラグでガタを無くす訳
ではないので、スライドのプラグが収まるところに出っ張りが
あります。

WAのガバは最初の頃はクリアランスをとるために、スライドと
フレームの隙間が大きくて、(特にライセンス生産されたタナカ
まぁ、その隙間が作動の確実性を担っていたのですが、(実銃
の世界だと、スゴク隙間、あるみたいですしね)どんどんと加工
精度も良くなってきて、ガタが無く、隙間が無くても、確実に
作動するようになりました。
なるべく、隙間やガタが無い方が命中精度もいいはずです。


同じ理由で、

スライド後部のレールの溝の中にも、


フレームとのガタを取るための出っ張りがあります。

最近のモデルでも、全部にある訳ではなく、例えば、Jアーモリー
のプロフェッショナルにはこの出っ張りはありませんでしたが、
スライドとフレームの隙間はありませんでした。
ですから、スライドとフレームの組み合わせによっては、特に
加工してガタを取らなくても、隙間無く、ガッチリとかみ合った
モデルを作る事が出来ます。
色んなWAガバをお持ちの方は、試してみるとおもしろいかも
しれませんね。


今回のジェフ・クーパーは、

そのままで、まったく隙間のない仕上がりでしたよ。
  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(2)ジェフクーパー

2009年03月22日

WA ジェフ・クーパーモデル(その2)

あ~、
さてさて、
待ちに待った、
WAのジェフ・クーパーモデルが来ましたぁ♪

今回の3月の試作限定モデルで、生産数は80丁との事。
同じ3月のモデルの、オールシルバーのナショナルマッチ、
通称「マギー」は50丁の限定。明らかに「マギー」の方が
知名度があり、親しみのあるモデルです。なので予約も早く
にいっぱいになりました。

全くこのモデルの存在を知らない方が多いなか、完売になる
かなぁ~?と心配しておりましたが、新たな刻印のスライド、
手間ヒマかけたパーツ類のせいもあり、完売になったので
しょうかね?
企画から製品化まで期間が短かったにも係わらず、
良く仕上がったモデルとの事です。

生前のジェフ・クーパーさんと親交のあった、国本社長が
いたからこそこの世に生をうけたモデルであります。そうで
なければ、他のメーカーを含めても、絶対に製品化はされる
ことはなかった神様の45オートです。


ではでは、行きますよぉ~♪

表側?


そして、

反対側です。


スライド先端のエッジは擦れて色落ちした仕上げです。

アンティークな感じが、カーボンブラック製のスライドの良さを
生かしており、好感が持てます。


専用パーツであるプラグ。

3重の溝が彫ってあります。


そして、

待ちに待った、プリ'70ナショナルマッチ刻印のスライド。


スライド反対側も、

シンプルに1行の刻印です。


チャンバーカバーは、最近では定番になったメタル製。

「BAR STO」の刻印です。


スライド後部も、

エッジが擦れています。


ブリーチは、

ダミーファイアリングピンが別パーツではない、ノーマル
のタイプのものです。


次回から各部分を見て行きますよぉ~♪  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(4)ジェフクーパー

2009年03月21日

WA ジェフ・クーパーモデル

あ~、

ついに来ましたよ♪

え?

何かって?


これですよ、

コレ♪


最近は、

無地のこのダンボールが多いですね。


脇に小さく、

白いシールが貼られています。


箱を開けてびっくり!

限定の仕様書が、なんとコピーした紙でした。
(試作限定品て、みんなこうなんですかね?)


付属品はこれだけです。

非常にシンプル。
まぁ、銃本体だけあれば、とりあえずはOKです♪


と、いうわけで、

今年、最初に購入したトイガン、「WA ジェフ・クーパーモデル」
ですよぉ~♪次回からコイツの特集です。


  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(4)ジェフクーパー

2009年03月20日

ヤツが来る!

うほほほほ♪


皆さんお元気?


本日は春分の日ですって?


え?祭日でお休みですって?


なんですと!


ふんっ、


どうせ、私は仕事よ・・・


でも、まぁいいわ。


さっき、彼からメールが来たの♪


「20日の夜には行くから・・・」と。


うふっ♪


楽しみだわぁ~


だって、この日を心待ちにしてたんだもの!


祭日のお仕事だって頑張れる!



仕事終わって、帰ってくれば、

彼が待っていてくれるから・・・
  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(4)ジェフクーパー

< 2017年04月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
プロフィール
子連れ狼
子連れ狼
オーナーへメッセージ