2010年02月20日

スクリムシャンダーへの道 27

こちらが、

ラブレス・グリップの反対側、後姿になります。


コチラ側の方が後に彫ったので、

慣れてきたのか、大胆に太めの線になっています。


腰のくびれと豊かなヒップのラインがたまりませんなぁ~。

ヴィーナスのえくぼ(腰眼)も再現。


おしりフェチ、あしフェチの皆さん、

いかがでしょうか?


さてさて、

もうバレンタインデーも過ぎ、だいぶ落ち着きましたが、
仲 里依紗チャンのイベントのあとに、井浦先生のお宅に
行ってきました。

依頼していた作品が出来上がったそうです♪
(でも、まだ未完成なのでUPは出来ませんが・・・)

先生の家に行って、なにが凄いかって言えば、
他の方のオーダーしている作品が見れる事です!

とある方のエングレは完成しておりました。
あとは、ナイフを数本彫るだけだそうです。

そしてまた、ある方のバックルも出来上がって
おりました。

そして、そして!
井浦先生の寿命を縮めると言われている、
長~いバレルの銃もありましたぁ♪
(アリャ、凄いです!月に10日しか作業出来ない、
って言うのもわかります)

実際に完成品であれ、作業中のものであれ、
目の前で見せて頂くと、色んな意味で刺激されたり、
新しいアイデアとかも出てきますね~。


帰りに奥様から、

バレンタインのチョコを頂きましたぁ~♪
ありがとうございます!
実は、今年貰ったチョコは、この1個だけだったりします・・・


そして、

先生からのお仕事の依頼も頂きました。
「マギー」も、「ラブレス」も、この作品のための
練習にしか他なりません。

こんな凄っいブツ、見たことありません・・・
ほんとに、私が彫っていいのでしょうか?
プレッシャーを感じつつも、依頼人の方に
喜んで頂けるよう、精一杯やらせて頂きます!


あ、

ちなみに、うちの子は保育園の女の子5人から
チョコもらっていました。そのうちの一人の子は、
お休みの日曜日(バレンタイン当日!)に、わざわざ
うちの近くまで来てくれて、チョコをくれたそうです。

くぅ~!

息子よ、お前には敵わんゼ・・・  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(2)スクリムショウ

2010年02月19日

スクリムシャンダーへの道 26

こちらが、

ラブレス・グリップの完成品です♪


人物の微妙なラインもそうですが、

スクリムショウで、文字を彫るのも結構大変です。


人生初の、

ヌゥ~ドォォォォ~!!


顔は難しいですね。

やり過ぎると、とりかえしがつかないので、軽~くで
やめてあります。細かいところでは、ちゃんとチクビが
立体的に見えるようにと、


おまたの、

切れ込みも再現しております♪


次回は、反対側(後姿)で~す♪


  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(5)スクリムショウ

2010年02月18日

スクリムシャンダーへの道 25

さてさて、

『マギー』で調子付いた私は、Tさん宅の自慢大会に
持って行くべく、こちらのスクリムショウもやってしまい
ましたぁ~♪

そうです、「ラブレス・ナイフ」のトレードマークとなっている、
あのヌードマークです。


初めて、人物を彫りますし、

しかも、ヌード。うまく彫れるか自信がありません・・・。


なので、恐る恐る、やりましたよぉ~。

どうでしょうかね?


おっ!

一応、ちゃんと彫れてるっぽいですね♪


  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(4)スクリムショウ

2010年02月17日

スクリムシャンダーへの道 24

さてさて、

墨入れをしていくのですが、

これは何度か墨入れ、また針を打って、墨入れを繰り返した
あとの画像ですが、


完成品と1回だけの墨入れでは、

こんなに違います。

なんども、何度も繰り返して、初めてちゃんとした画になります。


ちなみに、

とんかちグリップと比べると、こんな感じ。
線が細いのが分かりますでしょうか?

あとは、テレビの画面で、『俺がハマーだ!』の
オープニングの精子、じゃなくって、静止画像を見ながら、
より写実的にしていきます。


出来上がったら、

金色で目立ってしまう、真鍮製のナット部分をブルーイング。


簡単な、

キャロムのガンブルーペンを使用します。


完成~♪

どうでしょうかね?


ベースのグリップよりも、

アップグレードされていますかね?




  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(8)スクリムショウ

2010年02月16日

スクリムシャンダーへの道 23

さてさて、

一通り針を打ち終わり、

下絵の紙を剥がします。
この時が一番緊張しますね。(うまく出来てるかなぁ~?って)


「うっ!」


なんじゃコリャ?

象牙の時は、針を打つと、打ったところが綺麗に穴が開き、
その部分が凹むので、見た目はちょっと黒っぽく見える
のですが、なんでしょう?樹脂だからか、なんなのか、白く
なっています・・・


ルーペで穴を拡大して見たら、

確かに穴は開いています。しかし、象牙のような切り口?の
すっきりした綺麗な穴ではなくて、クレーターのように表面が
盛り上がったような穴になっています。
その盛り上がって、穴の縁に飛び出た部分が、白っぽく見え
ているようです。


下紙見ると、

ちゃんと1突き1突き、ツンツンしているのが分かると思います。

この後は、墨を入れていきますよぉ~♪  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(2)スクリムショウ

2010年02月14日

スクリムシャンダーへの道 22

さて、

なにをやっているんでしょうか?

しかも、こんな暗い夜にひとりで・・・


シコシコ?

いえ、違います!


だって、

人前じゃ恥ずかしいんだモン。


じゃなくって、


静かに集中しないとうまく出来ないので、

カミさん、子供が寝た後に作業していたのでした。


あじゃさんがシコシコなら、私はツンツンですかね?


こんな感じで作業するので、

とぉ~っても集中力が必要です。目も手も疲れちゃうので、
ぶっ続けの作業も出来ません。


トイガンのカスタムなら夢中になると何時間でもやっちゃう
のですが、こればっかりは少しずつでないとうまく仕上がり
ませんね。

まぁ、手作業のなで仕方がないでしょうね。

そして、

ツンツンしながら、「おっぱいもツンツンしたいなぁ~」なんて
不埒なことは、考えもしません!(この時ばかりは・・・)
それくらい集中してやっておりますのよ♪



  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(6)スクリムショウ

2010年02月08日

スクリムシャンダーへの道 21

あ~、

さてさて、

本日、『上矢会Vol.3』に参加された皆様、
お疲れ様でありましたぁ~♪
記事UP、待っててね~。
(早くしろってのっ!)

まだ書いてないので、ちょっとこちらから・・・


いやぁ、

このコーナーも久し振り♪
前回から、半年以上も経っていたんですねぇ。


さてさて、


お察しの通り、

フェイクアイボリーグリップにスクリムショウを行います♪

半年振り、しかもプラ製の素材は、スクリムショウには
向かない、と井浦先生にも言われております。
なんでも、本物の象牙と違って綺麗に仕上がらないん
だそうです。

でもこんな分厚い象牙なんてとっても買えませんし、
まぁ、練習と考えて気楽に行きましょう♪
久し振りですので、勘が戻るといいのですが・・・


さてさて、

まずは針で彫る前に、表面をつるつるピカピカにしないと
いけません。

ぱっと見は、ツルツルしていて綺麗なのですが、
よく見ると、細かい小さな傷がグリップの表面にあります。
このまま彫っちゃうと、その傷にまで墨が入り込んで、
仕上がりが汚くなっちゃいます。

なので、まずは表面の傷を無くすべく、400番のペーパー
から、600→1000と上げていきます。


最終的には、

4000番(ピンクのペーパー)まで使いました~♪


その後、

こちらのコンパウンドでピカピカに!
(本当は金属用なのですが・・・使えたのでOK♪)


ここまでの作業で、仕上がりの出来が左右されます。
なので、あじゃさんのように棒ヤスリではなく、
ペーパーでシコシコしておりましたのよん♪


図柄はとりあえず、

モデルワークス・グレネードのグリップをコピーし、
使うことにしました。これをベースとしてハンマーの
マークのアップグレードを狙います♪




  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(6)スクリムショウ

2009年08月29日

スクリムシャンダーへの道 20

前回の焦らしはゴメンナサ~イ♪

で、週刊スクリムショウの続きですよ。

何度も拭いているので、


木綿の布が真っ黒です。

さて、では仕上がりを見てみましょうかね。


こんな感じですよぉ~。

どうでしょうかね?あくまでも練習用なので、半分側しか
針を打っていませんのであしからず・・・。
柔らかいタッチにしたので、水牛のカワイイ感じが出て
いると思うのですが。


一方、ワタリカラスはこんな感じです。

水牛とは逆に、羽の感じをはっきりと出したかったので、
直線をメインにシャープな感じに仕上げました。


実際に目にすると、

こんな色合いが正確だと思います。

とりあえず、どちらも井浦先生に見て頂き、OKの
お許しを頂きました。ありがとうございます。

さてさて、

そろそろ本番に向かわねばならないでしょうかね?




  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(4)スクリムショウ

2009年08月15日

スクリムシャンダーへの道 19

さてさて、
針の打つ数が少なく、薄~い模様の画になってしまった
スクリムショウですが、その後、沢山の針を打ち、なんとか
ソレらしくなりましたので、墨入れです♪

ぬりぬりと塗って、

硬く絞った濡れた木綿の布で拭き取ります。

一回ではなかなか墨が残りませんので、


塗っては拭き取り、

塗っては拭き取り、を何度か繰り返します。

どんな感じでしょうかね?
(焦らしつつ次回までお預けぇ~♪)

  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(3)スクリムショウ

2009年08月08日

スクリムシャンダーへの道 18

さてさて、
週刊スクリムシャンダーのお時間ですが、
ちょと今回は番外編っぽい感じですかね?

8月2日のブラックホールのエングレ倶楽部のブースは、
展示が主だったのですが、唯一私のみが販売を致しました。


それがコチラです♪

直径、2.5cmくらいの象牙にスクリムショウを施しました。


一つは、

コルトのマーク。


もうひとつは、

うま。


携帯のストラップや、キーホルダーなんかを付けて、
アクセサリーとして販売しました。
ちょっとでも、エングレーブ普及になればとの思いからです。

(※↑まだ製作途中の画像です)


うまさんは、

生き物なので、よ~く見ると、微妙にかたちや表情なんかが
違います。


そして!

ちゃんと買って下さる方が、いらっしゃいましたよぉ~♪

ありがとうございますっ!!!

あなじくミリブロのお仲間であられる、「くべ」さんです♪

買って下さった特典として、選んで頂いた象牙を、ブース
のお手伝いをして下さった乙夜さんの胸に、ご本人の
目の前で挟んでいただきましたぁ~♪
(こちらもムリ言って、ありがとうございました♪)





  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(8)スクリムショウ

2009年08月01日

スクリムシャンダーへの道 17

さぁさぁ、
週刊「スクリムシャンダーへの道」ですよぉ~♪


墨入れではみ出た墨を拭き取るのですが、

これは「木綿」の布が一番だそうです。


水でたっぷりと濡らして、



ぎゅ~、とよく絞って使います♪













・・・、

って、これだけ?(オイオイ)


このままじゃ怒られそうなので、

ちょっと、明日のブラックホール出展の宣伝を・・・

エングレーブの普及の一環として、象牙を使ったちょっとした
小物を販売致しま~す。


そうです、

こちらのピカピカに磨いた象牙にスクリムショウを施したもの
になります。
実は、アンリミテッドの前日も、ドロゥの練習もせずに、コツコツ
とスクリムショウを彫っていましたぁ。
だって、手作業なので、時間がとってもかかるんですもの。
なんとか、5個制作しました♪


どんな画を彫ったのかは、会場でのお楽しみ!
(数に限りがありますので、売り切れの場合はゴメンナサイ)

       ↑
 だったら、いいのになぁ~



※5万ヒット記念プレゼントのご応募は終了致しましたぁ♪
 抽選、結果発表は今しばらくお待ち下さい。  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(2)スクリムショウ

2009年07月18日

スクリムシャンダーへの道 16

墨入れするには、筆ペンが使いやすく、簡単です。

100円ショップでも売ってますし、種類もたくさんありますね。


どれでもいい訳ではなく、

選ぶ基準があります。

滑らかなタッチの筆先ぃ~!

・・・は、重要ではありません。


ペンに含まれるインクには、

ただのインク、染料、顔料、などいろいろありますが、その
なかでも「顔料」が主成分の筆ペンを選びます。
それは、この顔料が針の穴に入り込み、ふき取ったあとにも、
その顔料が残ることで、模様が浮き出てくるからなんですね~♪


さぁさぁ、
明日は、「アンリミテッド」&「COOL STYLE TOY4」ですよ~。

さまざまなトイガンの楽しみ方を味わうことができるイベントが
もりだくさん!です!

主催:JTSA(日本トイガン射撃振興会)

日時:7月19日 10:00~(アンリミテッド出場者は、9時受付開始)

場所:東京都立産業貿易センター台東館 (浅草駅から徒歩10分)


以下、「COOL STYLE TOY4」でのイベントです。

現在、決定しているのは…

■体験ブース
・ATPF=アクションシューティング
・IAPS プラクティカル=プラクティカル・シューティング
・IAPS ピン=ピン・シューティング
・Wing-Cup=プラクティス・シューティング
・JCAST=カウボーイ・シューティング
・COS=ミリタリィ・シューティング
・ミニクレイby戦民思想=クレイ・シューティング
・加賀電子=シミュレーション・シューティング
・TANIO-KOBA=モデルガン・シューティング
(決定順・敬称略)

■ショップ・ブース
・C-MORE
・Web-Shop G.W.A.
・Paraberam
・DJANGO
・Hartford
・LEM-Supply
・Various-Technics
・Kit-Boy
・青山商事
・SAT Magazine
(決定順・敬称略)

で~す。

色んなコースでシューティングが楽しめるイベントとなっております。
会場でトイガンの貸し出しもありますので、手ぶらでふらっ~と、
遊びに来てもOKです♪
もちろん、ふだん弄っている銃やカスタムされたGUNを持ち込んでの
シューティングも楽しめますよ~。
ぜひ、皆さん遊びに来て下さいね~♪
  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(6)スクリムショウ

2009年07月11日

スクリムシャンダーへの道 15

さてさて、象牙に彫った穴に墨を入れて、模様を浮き上がら
せるため、墨入れをします。

初めての墨入れなので、この儀式は井浦先生にやって頂き
ましたぁ~♪


墨入れをすると、

こんな感じなのですが、薄~いですね。
これは、象牙には油分があり、1回では墨が入っていかない
ためです。何回か塗っては拭いて、塗っては拭いてを繰り返し
ていかないとダメです。


しかし・・・、

ここまで薄いのは象牙の油分のせいではなく、単に針の穴が
少ないだけで、私の技量不足であります。
そして、墨が滲んでいるのは、私がペーパーの番手を細かく
上げずに、象牙を綺麗に磨かなかったから。

これから、これをベースとして、足りないところにどんどん針を
打っていき、薄いところを濃くしていきます。
沢山打てばその部分は濃くなっていきますから・・・



    ・・・・・ここでお知らせです♪・・・・・

『神谷会』(仮) Vol.1

初心者&コスプレ歓迎。お気楽シューティングマッチです。


開催日:2009年7月20日(月・祝) (アンリミの次の日です♪)
    第1部=13:00〜14:30  第2部=15:00〜16:30
場所:アソビットホビーシティ 7Fシューティングレンジ
(受付は7Fにて)
(地図:http://www.akibaasobit.jp/event/map/

主催:神谷ゆい@精密射撃情報部(http://precision.militaryblog.jp/
協賛:アソビットホビーシティ
参加費:各部1500円(税込)※参加者の方に限り、
マッチ開催中は試射レンジで自由に射撃いただけます。
定員:各部15名まで

事前エントリー:http://form1.fc2.com/form/?id=429268
お問い合わせ:shooters_room@yahoo.co.jp

※ダブルエントリー(1・2部両参加)につきましては、
 空き余裕があった場合に適応されます。
※コスプレ着用の方は6階の試着室をご使用ください。

(画像は08年のアンリミテッドでの神谷さん♪)

(こんせぷと)
アキバ発、日本を代表する“脱力系”シューターこと
神谷ゆいさんがお届けする『超ゆる』マッチ。

「シューティングマッチって何?」「ていうか、エアガンって何?」
という君も是非。飛び入り歓迎


 (かんたんなルール)
・ブザーが鳴ったら、マトをどんどん撃ちます。
・マトをぜんぶ撃ち終わったときのタイムで競います
(もちろん早いほうが勝ち)。
・マトの種類は、鉄板や当たると倒れるものなどいろいろ。

・銃はハンドガンでも長いのでもいいです。ダットも自由。
・レンタル銃もあるよ。とびこみで来た人には貸し出しします。
 (でもなるべく自分で持ってきてくれるとうれしいな)
・弾数制限はないよ。マガジンチェンジもご自由に。

・今回からフルオートは無しでーす。

あんまりガチ装備でこないでね! みんな空気読もうね!

 (すぺしゃる特典)
・コスプレの人は、合計タイムからマイナス1秒のおまけ☆
・ホルスター使用、またはコンシールドキャリーな人もマイナス1秒☆
・参加賞として全員に「何か」をプレゼント☆
・くわしいコース内容は当日までおたのしみ(実はまだ考えてないよ)


事前エントリーはこちら
http://form1.fc2.com/form/?id=429268

  ・・・・・だそうですよ♪・・・・・

前回は参加出来なかったので、今回は!と思っていたのですが、
当日は仕事が休めないので、またもや参加できませぬ・・・
(ぐやしぃ~~)

お気楽シューティングマッチですので、
皆さん奮ってご参加下さいまし。

  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(4)スクリムショウ

2009年07月04日

スクリムシャンダーへの道 14

さてさて、

一通り、針でもってスクリムショウを行いました。
墨入れをしていないので分かりにくいですが、こんな感じです。


針で突っついた下絵の紙をひっくり返して見てみると、

こんなに穴が開いています。模様のように見えるのは
全部針で開いた穴です。

次回は墨を入れてみま~す♪



  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(5)スクリムショウ

2009年06月27日

スクリムシャンダーへの道 13

狙ったところに、針で点を打つにはただ打つだけでは、

針を持つ右手がブレてしまうので、ブレないような
ガイドが必要です。
井浦先生はこのようにやってらっしゃいました。
左手の親指と人差し指の爪をくっつけて、ここを
ガイドにします。


ちょうど爪の間を支えにして右手がぐらつかないように
するわけですね♪

こうすれば、真っ直ぐな線のように穴を空ける時でも、
ズレがなく打てますね。


あとは、

なるべくなら、画像のように垂直に真っ直ぐ針を打つのが
理想なのですが、爪をガイドにしたり、ルーペを持ちながら
だと、必ずしも真っ直ぐに打つことは出来ません。
しかし、なるべく打ち込む角度を寝せないようにして針を
打つのが理想の打ち方だそうです。
  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(0)スクリムショウ

2009年06月20日

スクリムシャンダーへの道 12

さてさて、

ひたすら点を打つ事によって、様々な模様や絵を書き出す
のですが、


例えば、

真っ直ぐな線を表したいときは、このようにずれない様に
続けて点を打つ訳です。これが繋がると、1本の線の様に
見えます。


ところが、

この点がズレたり、曲がったりするとせっかくの線が台無し
です。


いかに真っ直ぐな点を連続で打つのか?

次回は実際に井浦先生が行っている技法のご紹介です♪  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(2)スクリムショウ

2009年06月13日

スクリムシャンダーへの道 11

さてさて、
練習用とは言え、本物の象牙についに針をいれましたよぉ~

井浦先生からのお言葉は、
「練習だから、あまりエネルギーやパワーを注ぎ込まないように」
というものでした。
あんまり練習のうちから、本気モードでがんばり過ぎちゃうと、
いざ、本番にむかった時、それまでのパワーや想いが発揮され
ず上手にいかないことがあるそうです。

とは言ってもですねぇ、
やっぱり初めての経験ですので、ちょっと力も入っちゃいますね♪

針の打ち方なのですが、
浅く、やさしい感じだと、柔らかく、繊細な感じに仕上がり、
深く、力強く打つと、シャープでハッキリとした線になるそうです。

う~ん、
こればっかりは実際にやってみない事には違いが分かりませんね。


  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(8)スクリムショウ

2009年06月06日

スクリムシャンダーへの道 10

さぁさぁ、

ではでは、
実際に針で彫っていきますよぉ~♪

まずは、
輪郭と言うか、全体の縁取りに穴を開けていきま~す。
ズレないように、1本の線に見えるように、隙間無く
打っていきます。

あれですね、
初めは慣れるまでは、なかなか狙ったところに合わせて
針を撃つ打つことができなかったのですが、
やっていくうちに段々と出来るようになりました。

いざやり始めると、夢中になってやってしまいますね。
ただ針で穴を開けているようにもみえますが、そこには
色々なノウハウがあるのであります。
次回からは、そんなところをご紹介していきま~す♪
  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(0)スクリムショウ

2009年05月30日

スクリムシャンダーへの道 9

さてさて、
週刊?になりつつある、当コーナー、
「スクリムシャンダーへの道」でございます。


では彫りの前の最後の作業です。

WAのジェフ・クーパーのグリップをコピーした用紙です。
プリントの濃さは薄めの方が、細かいドットがはっきりと
するので、コピーの時は、薄めを選択します。

そしたら、

用紙をグリップの形に切り抜きます。


グリップの大きさよりも、

端材の方が小さいですが、あくまでも練習なのでかまいません。


練習用の象牙の端材に貼り付けて、

用紙に書かれた図柄通りに針で穴を開けていくわけですね♪


さあさぁ、

次回から遂に針を入れますよぉ~
  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(0)スクリムショウ

2009年05月19日

スクリムシャンダーへの道 8

こちら、
井浦先生から練習用に頂いた、象牙の端材です。
(ありがとうございます♪)

これに針で穴を開けていくのですが、その前に下処理があり
ます。

スリムショウは、
          ・針で穴を開ける
               ↓
          ・墨入れをする
               ↓
          ・布でふき取る

こうすることによって、穴の開いたところにだけ墨が残って、
穴の開いた象牙に絵や模様が浮き出るわけです。

なので、象牙の表面に初めから穴やキズがあると、墨入れ
の時にそこにまで、墨が入ってしまい、せっかくうまくスクリ
ムショウが出来てもきれいに仕上がりません。


なので、

ペーパーで表面をきれいにします。
うちには、400番、600番、1000番しかなかったので、


この3種類で番手を上げて象牙の表面をキレイにしました。

ゴシゴシ・・・。


指で触ってみると、ツルツルでいい感じ♪

この状態にスクリムショウを施しました。

ところが、

ですね、

練習が終わり、先生に見て頂き墨入れをして頂いたら、
どんなに拭き取っても、にじんで墨が取れない部分が
ありました(薄っすらなんですけどね)

「ヤスリ、何番でかけたの?」

「1000番までですが・・・」

「バッカも~ん!! だから滲んじゃうんだよ!」

「3000番くらいまでかけて、ツルツルにいないとダメ!」

「は、はいっ!スミマセンでした!」(ペコっ)


※先生はとっても温厚な方なので、実際にはこんな事は
 仰いません。あくまでも演出です・・・


なので、

後日、ホームセンターで、2000番と、4000番のペーパー
買ってきました。(3000番がなかったので)

本日の教訓 「ペーパーがけはツルツルになるまで
         手をぬくとせっかくの苦労が台無し」


続く・・・

  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(4)スクリムショウ

< 2017年04月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
プロフィール
子連れ狼
子連れ狼
オーナーへメッセージ