2009年07月30日

アンリミ 終わり・・・

いかがだったでしょうか?
「アンリミテッド」のレポートを通して、

少しでもシューティングの楽しさなどが伝わったでしょうか?
今回はいつもよりは、(数回ですが)練習も出来たのですが、
本番ではマガジンのトラブルで思うような結果が出せません
でした・・・。

しかし、
「何人かはいるかな?」と思っていたマルシンキンバー
ですが、他の人とかぶらないように、ダットサイト付けて、
コンプまで付けちゃいましたが、結局私ひとりだったようです。

撃っている自分が一番楽しいのですが、もとの面影のない
キンバーや、カートの舞う様子は、見ている方でも楽しめた
のではないかなぁ~と思っております♪

今後、もっとたくさんの方のマルシンのカート式がマッチの
会場で見られたら、いいのになぁ。


さて、

こちら、今回の参加賞と景品です♪


マルシンの銃での参加でしたので、

景品も迷わず、マルシン用をゲットです(笑)


さっそく、付けてみましたぁ~♪

大きめのアールがいい感じです。親指をしっかりと乗せる事が
出来ますし、セフティーのクリックもしっかりとして、セフティー
が抜けにくくなりました。


反対側は、

スッキリと、寂しくなっちゃいましたが・・・


さて、
次回のシューティングマッチは、10月の「ジャパン・スティール
・チャレンジ」でしょうか?
こちらをご覧の皆様も参加してみませんか?
見学だけでも楽しいですよ、色んなカスタムガンも見れますし。


銃本来の魅力である、「撃つ!」を皆さんで楽しんで参りましょう♪

ではでは~

  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(7)アンリミテッド

2009年07月29日

クールスタイルトイ4

アンリミテッドと同じ会場で、「クールスタイルトイ」という、
シューティングのイベントも同時開催されていました。

こちらは、初心者の方でも大歓迎!という感じで、色々な
タイプのシューティングのコースがありました。
ほんとは全部のコースをお伝えしたかったのですが、
私はキンバーのマガジンと格闘していたため、全部は
回れませんでした・・・。
なので、そのうちのひとつをご紹介したいと思います。


こちらは、
「ATPF」さんのコースになります。

ATPFのフランネルさん、kozさんにはいつもお世話になって
おります。前日も夜遅くまで設営の準備でお忙しかったそう
です。(お疲れ様でしたぁ~♪)

他のスタッフの方もそうなのですが、だいたいこういった
シューティングの大会って、スタッフの方が先に撃ったり、
空いている時間に皆さん交代で撃ったりするのですが、
今回は、「アンリミ」と「クールスタイル」が同時開催という
こともあり、スタッフの皆さんはジャッジや係りのお仕事に
付きっ切りでシューティングをしている暇はありませんでした。

こういったスタッフの皆さんのご尽力で、私達が楽しく
シューティングをさせて頂いている、という事を忘れては
いけないと思います。スタッフの皆さんだって、ほんとは
撃ちたいですもんね♪


こちらが、

コースの見取り図になります。
アンリミテッドのようなスピードシューティングとは違い、
射撃の正確さが一番に求められます。
と言うのは、タイムの速さや、順位などには重点を措かず、
あくまでも、自分のスキル(技術)の向上を目的としている
からです。

ターゲットも主に人型のペーパーターゲットを使用し、
ダブルタップ(2発)で撃ちます。比較的ペーパーは
大きいのですが、ゾーン分けがされており、人間の
急所である場所以外に撃つと、タイムが加算されます。
つまり、実戦の射撃に即したシューティングなのですね。



では、

実際に参加されたginkakuさんのシューティングの模様です。
まず、スタートポジションに立ちます。


スタートと同時に、

ボックスまで移動し、バリケード越しにシューティングです。


違うボックスに移動し、

ペーパーターゲットにダブルタップで撃ちます。
速さよりも、確実にAゾーン(タイムが加算されない)を狙います。


また移動して撃ちます。

なかには人質役?(ノーシュートターゲット)があり、これに
当てちゃうと、ペナルティでタイムが加算されます。

最後はストップターゲットを撃ち、タイマーを止めて終了となります。


しかし、
まだ終わりではありません。

撃ち終わったあとには、ジャッジの方と一緒に採点をします。
これが大事なんですね。


一緒にコースをまわり、

自分の撃ったターゲットの弾痕を確認します。

こういった、撃ち終わったあとの確認作業が、自分のいい所や
苦手な所を知ることにもなり、更なる射撃技術の向上へと
繋がります。また、こういったバリケード越しのシューティングは
サバイバルゲームにも通じるものがあり、サバゲにも役立つと
思います。

私も以前違う会場で、ATPFさんのコースを撃ちましたが、
架空のストーリー(設定)に基づいてのシューティングは
奥が深く、とってもやりがいのあるコースになっています。
だって、テッポウ撃つのが好きな人達があれこれ試行錯誤
して出来たコースですから、面白くないわけがありません。

また、ベテランシューターの方の撃つ様子を見ていると、
敵(ターゲット)から自分の身を隠しながら撃ったり、
身をかくしてのリロード、反撃を予測してのターゲットを
撃つ優先順位などなど、ほんとに実戦射撃そのものです♪
こういう姿を見ていると、自分も撃ちたくなってくるんですね。
(あぁ~、ムラムラ~)

  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(4)アンリミテッド

2009年07月28日

アンリミ ST1~3

さて、
シューティングマッチ「アンリミテッド」ですが、
マガジンに不安を残したまま、午後の後半戦です。

まずは、


ステージ1の、

こちらのコースです。
ストッププレート以外は小さい10cmのプレートが
左右に振られて配置されています。


こちらも、出だしは好調♪

しかし、3本目のマガジンでまたもや生ガス吹き出し!
今回は、17秒台でなんとかトラブルを回避しましたぁ。


続く、

ステージ2、


こちらは、

プレートが大きいので、撃ちやすいです。素早く撃って、
早いタイムを稼ぎたいとこであります。


しかぁ~し、

そううまくはいかないのでした・・・。
1回目で生ガス吹き出しちゃいました~!


おっとっと!

そんなにびっくりせんでもいいでしょうに・・・。
今回はマグチェンジに手間取り、MAXタイムぎりぎりの
29秒もかかっちゃいましたぁ~。


もう、残るはこちらのステージ、

ステージ3しかありません。


シューティングマッチではお馴染みのコース、

「Five To Go」をアレンジしたようなプレートの配置に
なっております。


最後のステージは、不調のマガジンは使用せず、3本の
マガジンのみで挑みましたぁ~。

好調です♪
1~3ストリングは、4秒台で撃てましたぁ♪
まだ、弾の残っているマガジンにカートを詰めなおし、


4回目のストリング、

「ボシュ~!」
やっちまいましたぁ!

さいごの最後で、神さまにも見放されました・・・
かりにも、「丸神」とも読めるメーカーの銃使っているのに。
えっ?神様にも色々いるって?「〇〇神」じゃないかって?
(こら、コラっ、シィ~!)

しかも、ヒドイ事に、
生ガス吹き出し+カートジャムだけに留まらず、
スライドが開いたまんま、変な位置で閉鎖不良を起こして
しまい、押しても引いてもスライドが動かなくなって
しまいましたぁ!
もう、この4回目のストリングは射撃不可能なので、
タイムはMAXタイムでそのストリングの最大の時間である
30秒となってしまいます。
銃をガンケースに仕舞い、試射も出来るエリア、
「DISCHARGE AREA」まで持って行き、銃の不良を
直します。

後日、このキンバーのメカニズムをご紹介しますが、
この銃、擬似ショートリコイルで、チャンバーカバーのみ
がスライドの動きに合わせてぴょこぴょことショート
リコイルします。このチャンバーカバーが、吹き出された
生ガスによって押し上げられ、スライドの裏側のへんな
ところに挟まっちゃったみたいです・・・。

後ろから、スライドを思いっきり叩いてやったら、
スライドはもとに戻りました。普通に何度もスライド
を引いてみましたが、問題なさそうです。

もうこうなっらた、なんでもありで、
最終ストリングも生ガスが吹いてしまいましたが、
マグチェンジがうまくいきました。(それでも13秒台
でしたが・・・

  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(5)アンリミテッド

2009年07月27日

アンリミ ST5

さてさて、
シューティングマッチの「アンリミテッド」、

次のコースは、

となりのステージ5でした。


シンプルなコースですが、

プレートの直径が10cmと小さく、先ほどのステージ4よりも、
より正確さが求められます。
また、このステージは銃を撃つボックス(場所)が2ヶ所あり、
左のボックス、右のボックスと、異なる場所から撃たないと
いけません。左右でプレートの配置も変わってきますので、
注意が必要です。


とりあえず、

向かって左のボックスから撃ちはじめました。

ガス圧の安定をはかるために、1回のストリングを撃つたび
に、マガジンに沢山の残弾があっても、マグチェンジをします。


2本目のマガジンも、

問題なく撃てました。


ところが、3本目のマガジンで撃とうとした時、それは起こり
ました。

「ボシュ~!」

1発も撃つことなく、マガジンから生ガスが吹き上げ、ジャム
ってしまいましたぁ!
(その決定的瞬間を、ryochanさんがカメラに収めました!
 いやぁ~、さすがです!)

スライドはジャムって、途中で止まったので、

 ・マガジンを抜いて、カートを排莢しスライドをクリアー、

 ・新しいマガジンを装填して、スライドをコッキング、

 ・そして、撃ち直し、

だったので、えらい時間がかかってしまいましたぁ!



銃本体には問題なく、

こちらのマガジンのせいです・・・。


一応、生ガス吹き上げ防止加工はしてあったのですが、

マガジンの冷えと、ホルスターからのドロー(抜き撃ち)により
マガジン内の生ガスが、放出バルブの方に残っているままの
射撃で、ガスが気化されないまま出てしまうようです。

練習の時は一切なかったトラブルですし、ドローせずに、
ターゲットに銃を向けたままでは、起こらない現象です。



4ストリング、5ストリングは、

隣りのボックスからシューティングしました。


こちらのマガジンは、

問題なく作動し、快調でしたね。

マルシンキンバーは、マガジンとカートを揃えようとすると、
けっこう金額がかかってしまい、えらいことになります。
なので、私はマガジン4本と、最低限のカートしか準備して
いませんでした。
5ストリングあるので、マガジンは5本あったほうがいいのです
が、そういうわけにもいかなかったので、途中で残弾が多い
マガジンにカートを装弾し直して臨みましたよぉ~。

ですから、お尻に予備のカートが入った、ダンプポーチを
ぶら下げていたのです♪

しかし、
残り3本のマガジンだけで臨むのは不安だったので、
このステージのあとは、不調のマガジンの修理に勤しみました。


(あれ?、このマガジンって、マルシンさんに修理に出した
 マガジンじゃん! マルシンさん、頼みますよぉ~)


  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(10)アンリミテッド

2009年07月25日

おっぱい!

さて、

アンリミテッドの会場ですが、シューティングの会場って

他のスポーツと違って、女性の参加が少ないのですよね。

なので、応援に来て下さったりするだけで、テンション

上がりまくり?

そんな男だらけの会場で、

ステキなおっぱい、

もとい、ステキなおんなの子を発見!

どうですか?この巨乳ぐあいは?

おもわず目が釘付けです! 巨乳好きの私にはたまりません!

ジィ~とみていたら、

その子が話しかけてきました。

「ゴメンナサイ、私、おっぱいは大きいんだけど、

体がちっちゃいから、アナタの挟んであげること出来ないの・・・」


「だから、これでガマンしてね」



「えいっ♪」



あぁ・・、

たまりませんなぁ。

「みくるちゃん、最高!」


しかも、ベースはWAのM4ですよ(言葉がありません・・・)


実際に持たせて頂きましたぁ♪(感無量です・・・)

会場の注目度ナンバー1の銃でした。


虚空さんやSo-Suiさんも、こんな銃はお嫌いじゃないですよね?
  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(18)アンリミテッド

2009年07月24日

アンリミ 子連れ狼が撃つ!

さあさぁ、
私、子連れの出番でございます。

今回は同じスクワッドでご一緒だった、ライターの石井さんの
写真でお送りします♪
(石井さん、画像提供ありがとうございましたぁ♪)

                       Ⓒ2009 Takeo Ishii


ブローバックの瞬間です。スライドが動き始めています。

                       Ⓒ2009 Takeo Ishii


空中に舞う、
シルバーのカートリッジが分かりますでしょうか?

                       Ⓒ2009 Takeo Ishii


「キャァ~!」、
カート式の銃で撃てるなんてサイコー!撃っている私だけで
なく、見ているギャラリーの皆さんにも楽しんで頂けたので
はないでしょうか?
こんな私でも、撮る人とカメラがいいと、カッコよく見えるから
不思議です・・・。

                       Ⓒ2009 Takeo Ishii


全て撃ち終わったあとは、スコアカードに自分のサインを
します。ここらへんはやっぱりスポーツや競技っぽい感じ
がしますね♪

                       Ⓒ2009 Takeo Ishii


とりあえず、1回目のステージである、このステージ4は、
トラブルもなく、無事に終わりました。
1回でも撃ってしまえば、ちょっとは気が楽になります。
(ホッ)
的であるプレートの大きさも直径14cmと大きめなので、
当たりやすいです。初めに小さいプレートのコースで、
外しまくっちゃうと、へこんじゃうので、最初のコースが
こんな感じだと、勢いもつきますね。


でも、
いいのはここまででした・・・・

  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(2)アンリミテッド

2009年07月23日

アンリミ ginkakuさんが撃つ!

アンリミテッドでは、全部で5つのステージがありました。
スクワッド(グループ)により、撃つステージの順番が違います。

本日の初回のステージは、


こちらのステージ4になります。

どのステージもそうなのですが、5枚のプレートがあり、それを
素早く撃っていきます。黄色いストッププレートに弾が当たると
センサーが反応して、タイマーが止まります。
なので、最後に黄色いプレートを撃つ以外は、どの順番で他
のプレートを撃ってもかまいません。

人それぞれに撃ちやすさや、作戦があるので、この順番が
正しい、というのはありません。実際にあれこれと撃ってみて
早く撃てそうな順番を見つけるのも楽しみですよね。


番号がginkakuさんの方が先なので、まずはginkakuさんの
シューティングです。

手首を完全に肩より上で静止して、レンジオフィサーの
掛け声を待ちます。


「アーユレディ?スタンバイ」

の掛け声があり、その1~3秒後のブザーの合図でスタート
になります。


このあとは、

素早くプレートを撃っていって、


最後にストッププレートを撃ち、タイマーを止めて終了です。

これを1回のストリングとし、5回シューティングを行います。
そして、5ストリングの内、最もよい4つの合計が各ステージの
総得点として採用されます。
つまり、このタイムが早ければ早いほどいい訳です。


ステージごとに、プレートの大きさや、配置が違いますので、
タイムもそれぞれ違ってきます。
撃ちやすいステージをいかに早く撃つか、そして、苦手な
ステージをいかに攻略するか、ここらへんもシューティング
の楽しさのひとつでありますね。


次回は私、子連れが撃ちま~す♪






  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(2)アンリミテッド

2009年07月22日

アンリミ 撃ってきましたぁ♪

という訳でして、

「アンリミテッド」というシューティングマッチの大会に行って
きたわけです。シューティングと言っても、様々な種類があり
今回の大会は、「スピードシューティング」という、撃つ早さを
競う競技になります。
最大で5m離れた直径10cmくらいの鉄板5枚をいかに早く
撃つか?これが競技の内容です。

なので、選手の皆さんは、素早くプレートを狙ったり、自分で
撃ちやすくするため、色々なカスタムを銃に行います。


チームRタイプのメンバーとして、一緒に参加したginkaku
さんの今回の装備です。

前大会へのリベンジのため、ダットサイトなどの光学サイトを
使用しない「スタンダード部門」での参加です。

あえてマルイのミリガバがベースになっていますが、あちこち
とカスタムされて、狙いやすく、撃ちやすくなっています。
また、銃を保持するホルスターはレース用ではありませんが、
付属のアダプターを使い、グリップの位置が抜きやすい下側
に来るように工夫がされています。


こちらは私、子連れの装備です。

今までダットサイト(光学サイト)を付けてシューティングをした
事がなかったので、光学サイトも使用可能な「オープン部門」
での参加です。銃の上に乗っている筒の中に、光る赤い「点」
があり、その点をターゲットであるプレートのうえに重ねて撃つと
そこに着弾するので、通常の銃のように、ターゲット、フロント
サイト、リアサイトを重ねる必要がないので素早く狙えます。
なので、この「オープン部門」での参加者がダントツで多いです。

ホルスターも素早く銃が抜けるように、トリガーガードと銃口
のみで保持されています。最新のものでは、トリガーガード
だけで銃を保持できて、しかもロック機能も付いているので、
誤って銃を落としてしまう危険もありません。

このように、ginkakuさんと私では参加する部門が違うのです
が、エントリーする時に、一緒のスクワッド(グループ)での
参加を希望すると、仲間内で同じグループで撃つことが出来
ます。なので初めて参加される方もお仲間と一緒であれば、
安心して楽しく参加できます♪


ちなみに、今回のスクワッドには、

ライターでお馴染みの石井さんや、


カメラマンでお馴染みのtakuさんがご一緒でした。

石井さんや、takuさんにカッコいい写真を撮って頂いたので、
後ほどご紹介したいと思います♪
(石井さん、takuさん、ありがとうございました~♪)

また、同じミリブロのお仲間である、TERUさんも同じ
スクワッドでした。偶然とはいえ、なんだかうれしいですね♪


たとえばですよ、

トップシューターである、マック堺選手(画像の選手です♪)や、
シミズ選手などと同じスクワッドなんかだったりしちゃったら、
私なんてビビッてしまい、オシッコ漏らしちゃいます・・・。

それくらい、トップシューターの方々のスピードは桁違いに
速いのです。
こういった一流の選手のシューティングを間近で見られるのも
大きい大会の醍醐味ですね。


次回からは、実際に撃ったレポなんかを・・・



  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(10)アンリミテッド

2009年07月20日

アンリミ 行ってきましたぁ♪

さてさて、

浅草にある、東京都立産業貿易センター台東館に行って来
ましたよ~(浅草駅から徒歩10分くらい?)

とりあえず、無事に?終了いたしましたぁ~♪

参加者、スタッフの方々、ならびに関係者の皆様、
そして、応援に来て下さった方々、お疲れ様でした、
ありがとうございました。


今回の会場は、浅草です!

間違って、浜松町に行ってしまった人もいたようです。
(ねっ!小さい熊くん♪)


今回は、鴨葱さんがお仕事がお忙しいため、

チームRタイプからは、ginkakuさんと私、子連れの2名での
参加でしたぁ~♪


心細かったですが、撮影&応援に来て下さったryochanさん、
ありがとうございました!


お仕事中なのに、わざわざ来て頂いた、ppkeiさん、
初めまして~、いつもコメントありがとうございます。
差し入れもありがとうございました!


チープガン持参で駆けつけたこたに大将、チープガンも
大活躍だったみたいですね。久し振りにお会いできて
よかったです。


選手としての活躍を見たかったですが、明日の「神谷会」
の準備などでお忙しいのでしょう、神谷さんも午後から
顔をだしていましたよぉ~。

手作りのクッキー、おいしかったですよぉ♪
(今、この記事を書けているので、毒は入ってなかったみたい)
明日は参加出来ませんが、「神谷会」の無事な成功を祈って
おります。


栄光のメダル、

何方が手にするのでしょうか?


賞品も、

充実しています。


同郷なので、

ずっと応援しております、「小隊陸曹」さん、今回練習では
愛銃のグロックの故障が相次ぎましたが、本番ではどう
だったでしょうか。


う~ん、

惜しくもIDPAクラス、第2位でしたぁ。1位のショウジ選手とは
僅か、0.33秒差の違いでした。ああぁ、惜しかったですね~!
(私の応援がたりなかったのしょうか?次回は頑張ります)


とりあえず、無事に終了しましたので簡単ですがご報告でした。
次回からは、レポートなどを・・・。






  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(24)アンリミテッド

< 2017年04月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
プロフィール
子連れ狼
子連れ狼
オーナーへメッセージ