2009年12月20日

先週の晩ごはん

さてさて、

先週、だいじそ党首、てるぱ大臣さん、SEIJIさんとでおじゃま
した、井浦先生宅での晩ごはんですよぉ~♪


まずは、

鳥の内臓の炒め物。
レバー、ハツ、砂肝などの他に珍しい「キンカン」もありました。
甘辛に仕上げてあり、クセが無く頂けます。味の美味さだけ
でなく、赤、黄色のパプリカをあしらい、見た目も綺麗です。


うちの子は、

歯ごたえのあるハツがお気に入りのようで、そればっかり
食べておりました。


そして、

巨大なアンキモ!蒸しあがるのにかなり時間がかかった
のではないでしょうか?それくらいでっかかったです。


紅葉おろしで頂いたのですが、

これも自家製です!普通は大根おろしに、市販のビン詰の
紅葉おろしの元をまぜるだけなのですが、奥様はちゃんと
大根に鷹の爪を差して馴染ませ、そしてすりおろしております。
大根おろしに混ざっている赤いものと種がその証拠であり
ます。

この紅葉おろしに、ポン酢をかけて、それにアンキモをつけて
頂くのですが、


このポン酢も自家製です!

コーヒーのビンに大量の羅臼昆布と鰹節と一緒に寝かせて
あり、ただすっぱいだけの市販のポン酢とは違います。
出汁の味がしっかりしていて、「この鰹節、美味しそう♪」と
党首が言ったならば、奥様がすぐさま、臨機応変にこの
ポン酢の鰹節に合うように、フキノトウとの和え物を作って
下さいました。(これがまた、合うんです!)


そして、

今晩のメインディッシュ、

ミートローフです♪

これがまた絶品であります!
ついつい、箸が進みます。
党首も、「これなら1本丸ごといけちゃいます!」ですって。


よく見ると、

中にはうずらの卵が隠れていたりで、こういった演出には
見た目も、食べても、参りますね。


〆のごはんものは、

本日は、鴨南蛮蕎麦ならぬ、鴨南蛮うどんでした。
最近のこの寒い季節には、温かいものが、体に沁みます。
細めの稲庭うどんが、のど越しよく、ツルツル~っと入って
いきます。それにしても、鴨と葱の組み合わせって最高
ですよね~。これ以上無い!って言うくらいベストマッチです。
最初に考えたひとは凄いなぁ~。


そして、

デザートに洋ナシを頂いて、名残惜しいのですが、あんまり
帰りが遅いとカミさんに怒られるので、私達親子はお先に
失礼しました。
先生、奥様、いつもありがとうございます!


  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(6)割烹 いうら

2009年12月07日

今日の晩ごはん♪

え~、

たったさっき、帰って来たばっかりなので、

簡単に、今日の晩ごはんをご紹介♪

本日のお品で~す。


まずは、ふき味噌。

生のフキノトウです。胡麻油と味噌で合えた物。
もう、フキノトウ生えてるんですね~!
大分早い、春の訪れを頂きましたぁ~。


お造りです。

表面をかるく炙ったサーモン、ホタテ、紋甲イカです。


肉厚ですが、柔らかい紋甲イカは、

柚子味噌で頂きます。奥様お手製の味噌ですので、
市販品のように、甘ったるい味噌ではありません。
ちゃんと柚子をすりおろし、程よい酸味でさっぱりと
頂きます。


大根の煮物です。

今日はお天気はよかったですが、夜は大分冷えましたね。
こんな寒い時は、アツアツの大根がからだに滲みます。
ホタテの貝柱でとった出汁が、いいお味を出しています。


そして、今日のメイン!

鉄板に乗った、サーロインステーキ!
ジュウジュウと音を立てて、もくもくと湯気を立ち上らせて
あつあつを頂きました~♪(お肉も柔らか~い)


ご飯は、いくらの醤油漬けとつみれ汁。

大粒のいくらで、思わずご飯をおかわりしちゃいました。
ビールを何本かと、日本酒も1本空ける寸前まで行きました。
もう、おなかいっぱいです。
先生、奥様、ご馳走様でした~。

食事のあと、『坂の上の雲』見てたら、遅くなっちゃいました。
(どうなんでしょ、ドラマの後半で、壱番型拳銃、出てくるので
しょうか?)



あ、

ただご飯を食べに行った訳ではありませんのよ。
次回作の依頼に行ってきたのであります。

ピカピカに磨いたスティールパーツ。
これだけで、どんなモデルか分かったあなたは相当な通と見
ました!

最近、ずっとシコシコしていたので、手が疲れました・・・
おかげで手が真っ白、真っ黒です。
スティールやHW材はいいのですが、亜鉛パーツは
落ちにくいですねぇ。
  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(2)割烹 いうら

2009年11月04日

秋の味覚

※PC壊れてますが、記事はすでに書いてあったので、
 とりあえずUPします・・・

 PC壊れているにもかかわらず、記事UPする私も
 凄いなぁ~(自画自賛)
 
 最近、めっきり更新が見られなくなった、誰かさん
 とは大違いですね♪(と、ちょっと煽ってみる・・・)
 
 (ネタいっぱいあるでしょう! あんなとこ行ったり
  こんなとこ行ったりしたんですから。
  皆さんが更新をお待ちしておりますよぉ・・・)

追記 ↑Jもさん、T○長さん、Hち○ん、rさん、KK弾道
  さんにはっぱかけられて、めでたく更新されましたぁ~


ちなみに、

作日は天気も良く、

私の誕生日だったのに、

PCがこんなじゃぁ、

トホホです・・・


さてさて、

では、いきますよぉ~♪


先週、
ネ箱で楽しいひと時を過し、モニター見ながら
「ギリギリギリィィィィィ~!」
っと、歯がゆい思いを感じている方も多かったことでしょう。

※今回も、歯軋りにご注意下さい。

さて、

先週末、井浦先生宅に遊びに行ってきましたぁ~♪

Tさんのキャトル・パイソンが完成したので、てるぱ大臣さんが
Tさんにお渡しするのに、同席させて頂きました。

Tさんは、お仕事で遅くなるということですので、
お先に失礼して、1杯頂いておりましたぁ。
(Tさん、ゴメンナサ~い)


皆さんのお住まいのところでは、
「菊」って、食べますか?
先生と私の同郷では、この時期に菊はよく食べるんです。

画像のような紫色のものが主ですが、黄色い菊も食べます。
(観賞用とは違う、食用のものです)

私の故郷では、「かきのもと」、と呼ばれております。
「柿の実が色づくころに花が咲くから」 とか、
「農家の垣根の下に栽培されていたから」とか、
諸説は色々あるようです。

ちなみに、お隣の山形県では、「もってのほか」などと
呼ばれております。
(もってのほかおいしかった、からでしょうか?)

うちでは、出し汁に漬けてお浸しにしたり、
膾(なます)などの酢の物にしたりして頂くのですが、


先生のところで、初めての食べ方で頂きました。

どうするかというと、画像のように酢橘を搾って、
その上から醤油をちょっとかけて頂くんですね~。

これが、うまい!のなんのって!

菊は味も香りもそんなに無くって、食感、歯ざわりを楽しむ
ものなのですが、花独特の苦味があることもあり、小さい
お子さんとかは、苦手かもしれません。

しかし、酢橘の爽やかさで、苦味を感じさせず、
醤油で味も付いているので、美味しく頂けます!
とっても、シンプルな食べ方なのに、お浸しと
酢の物のイイとこ取りみたいで、さすが先生の奥様!と
頭が下がる思いです。

菊を頂いて、故郷を懐かしく感じさせて頂きました・・・


お次はコレ、

秋と言えば、やっぱりこれでしょう~♪
職場の近くを車で走っていると、街路樹から落ちている実を
拾っているおばちゃんをよく見かけます。
オ〇ニーがキツク、ここまでの下処理が大変なんですよね~。


奥様は、

レンジでチン!と簡単に調理されたようです。


これこれ!

この翡翠色に輝きです!口に入れると、秋を感じさせる
苦味がネットリと広がります。見てよし、食べてよしの食材です。
あ、でも冷める前に、熱々をお召し上がり下さい♪


そして、
この時期にこれ?なものですが、

これ、ただの枝豆ではないんです。


「丹波の黒豆」だそうですよ~

「丹波の黒豆」といえば、高級食材。おせち料理の「黒豆」は
まさにこの豆からつくるそうです。
普通、枝豆は、2~3つ、豆が連なっているものですが、
丹波の黒豆は、豆のひとつひとつが大きく、多くても、
2つしか豆が繋がっていません。


中を開けると・・・

やっぱり黒っぽい豆です。
故郷の茶豆に比べると、香りはそんなにないのですが、
豆の味がしっかりとしていて、濃厚でした。


こちら、煮物になります。

里芋と蕗、そして蛸の柔か煮です♪

あ~、里芋いいですね~。よく食べてましたよ。
同じ里芋でも、水はけの良い土壌と、泥のような土地では
出来上がりが違います。
水はけがよく、肥沃な土が欠かせません。
ただ皮をむくだけでなく、奥様ご丁寧に六方に剥いて
おられましたよ~。

里芋のネットリとしたあまさと、蕗のシャキっとした苦味が
いいですね。

では、メインの蛸でございます。
蛸ってなかなか柔らかくならいので、炭酸やビールなどを
入れて煮るのですが、奥様はそれらを使わず、ただひたすら
長時間煮たそうです。ここまでの柔かさになるには、かなり
のお手間がかかったことでしょう。この柔かさであれば、
歯の悪いお年寄りでも、ぺロっといっちゃいますね~♪


鳥のから揚げも、

ただ頂くのではなく、奥様お手製の自家製タルタルソースで
頂きま~す。(あ、画像撮るの忘れた・・・)
さっぱりとしているので、いくつでも食べれちゃいそうですよ。


そして、

そして、

秋と言えば、やっぱり松茸!

昆布との佃煮を頂きましたぁ~。
昆布は重曹を使って柔らかくなっており、松茸食べなくっても
昆布にしっかりと松茸の味と香りが浸み込んでいるので、
これだけでも、ホント美味しいです。

松茸のお吸い物もあったのですが、画像、撮り忘れましたぁ。

しかし、

この時期でなくても、先生のお宅にお邪魔すると、よく松茸が
出てくるような気がするのですが、気のせいでしょうか・・・?


そして、

So-Suiさん、玉ちゃんさんをはじめとする、四国の皆様、
お待たせしましたぁ~、「ぼうぜの姿寿司」です!

徳島では、「ぼうぜ」と言うそうですが、関東での呼び名は、
「えぼ鯛」ですね。
頭の付いたまま、背開き(もしくは腹開き)にし、酢でしめます。
奥様が作ったばかりでしたので、出来立てホヤホヤでしたが、
2~3日経つと、骨まで柔らかくなり、丸ごと食べれるそうです。
(酢が熟れてくるので、なれ寿司とも言うそうです)
先生は、出来立てのふんわりとした、柔らかいのが好き、と
おっしゃっていました。


初めて、食べます。

鯖とかの押し寿司とかと違ってクセがなく、誰でも美味しく
頂けますね、コレは!頭の部分も軟骨が、コリコリっとして
いい食感です。

人間の舌の味覚として、「油」を美味い!と感じるようになっ
ているので、マグロやブリなど、トロや脂身の部分が珍重され
たりするのですが、私は、魚で本当に美味いのは、白身魚だ
と思っています。(個人的意見ですが・・・)
日本人の味覚が欧米人よりも優れているのは、こういった
繊細な味の違いが分かるからではないでしょうか?

食の欧米化で、外食やファーストフードばかりを食べていると、
そういった日本人が本来持っているはずの繊細な味覚が、
損なわれているのではないかと、危惧しています。
こんなこと書いている、私の家のご飯もそうなので、こうして
先生のお宅で、日本人として当たり前の和食を頂くと、
ほんとにうれしくって、ありがたく思うのです。
冗談抜きで、うちのカミさんには、先生の奥様から料理を習っ
て欲しいと思っています。

今回を気に、井浦先生宅でのご馳走の数々をエングレ倶楽部
のサブカテゴリーとして、「割烹 いうら」としてあらたに新設
しました。美味しい料理に興味のある方は、向かって左の
←のカテゴリーをご覧になって、歯軋りして下さい(笑)

以上、
井浦先生&Tさん&私の3人だけに共通する、とある事を
今までは公にしておりませんでしたが、当日カミングアウト
した子連れがお送りしましたぁ~♪


おっと、

本題忘れてた・・・。

最終過程を無事に終えて、

めでたく、てるぱ大臣さんから、Tさんにキャトル・パイソンが
お渡しされましたぁ~♪


その素晴らしい出来具合に、

先生もご満悦です♪


そして、

帰り・・・、


Tさん「二代目、乗ってく?送っていくよ」

子連れ「え~、いいんですか、この前乗せて頂いたばかりなのに」

Tさん「同じ方向だし、乗ってきなよ」

子連れ「わぁ~い!ありがとうございます」

こうして、オープンにしたポルシェ・ボクスターが、
井浦先生宅をあとにするのでした・・・

「フォン!フォン!フォオオオオ~~~~ン!!」(ポルポルの音)


次回予告、

ポルシェ・ボクスター、ミッドナイトクルージング、
(助手席インプレッション第2弾)お楽しみに~!





  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(8)割烹 いうら

2009年10月05日

ご相伴に与りましたぁ♪

新居に引っ越して、初めての井浦先生宅訪問です♪

今回は、
ご一緒したてるぱ大臣さんが、食材を持ち込んでの訪問
となりました。

その食材とは・・・、

エングレ倶楽部会員ナンバー14の「玉さん」がてるぱさん
にお送りした「子持ち鮎」でぇ~す♪


そして、

同じく特産品の「すだち」です♪

これらの食材を、奥様に、
「女将さん、今日はこれで頼むよ!」
な~んて感じで、お渡しし、おまかせで料理をお願いします。
なんせ、ひとりではとても食べきれないくらいの量が、
てるぱさんのところに送られてきたようです。
いやぁ~、玉さんったら太っ腹♪

お?

料理が出来上がったようですね。


いよいよ、実食!
まずはシンプルに塩焼きで♪

生まれて初めてすだちで頂きましたぁ~。今までは、たで酢
でしか、食べたことがありません。
(ことわざの、たで食う虫も好き好きの、たでのことです)
しかも、人生初の子持ち鮎♪

さすが奥様、踊り串と、化粧塩もばっちりです。


いやぁ~、

子持ち鮎って、こんなにたくさん卵持っているんですね。
川魚特有の生臭さはまったくなく、とっても美味しく頂き
ましたぁ~!
玉ちゃんさん、すみません、私まで頂いてしまって・・・。


お次は、

子持ち鮎の甘露煮です♪
てるぱさんが持ち込んで、すぐに奥様が弱火でコトコト
煮はじめました。撮影のため落し蓋は取りましたが、
弱火でじっくり煮れば、煮崩れもなく、骨まで美味しく
頂けます。


今回は、5時間くらいの煮込み時間ですので、

骨までは、チョットなのですが、どうですか、この
照り具合は!
塩焼きとはまた違った食欲をそそられます。


なかを見てみると、

子にまでじっくっりと味が浸み込み、これまた美味い
ですね~。煮たあとに、そのまま煮汁に漬けて置き、
一晩経つと、さらに飴色の輝きが増します♪

冷凍保存も利きますので、先生宅に遊びに行けば、
美味しく頂けますよん。(※数に限りがあります)


これだけじゃありませんよ、割烹「いうら」は。

お造りは、戻り鰹のお刺身です。

旬よりも早く頂くのが、粋とされていますが、
味でいったら、今の時期の方が油の乗りが違います。


見て下さい、

この霜降り具合を。トロにも負けないくらいの濃厚な
美味さが、ねっとりと舌に残ります。


煮物もあります。

甘みを抑えた南瓜と、柔らかい里芋の煮物は、
出汁本来の美味さで、さっぱりと美味しく頂きます。


奥様ご自慢のお漬物も、

本日は味付けを変え、辛し漬けでした。
ピリッとした辛さが、食欲をそそります。


お食事は、

最強のおにぎりです。新米で、具は鮭と晩菊です。

春菊のお味噌汁も初めて頂きましたが、香りがよくて
いいですねぇ。

あぁ、

今日もおなかいっぱい食べたなぁ・・・。

いつもご馳走様です♪

ちょうど、お食事中に、歯軋りではなく、電話が鳴っていましたね(笑)

遠く、四国まで美味しい匂いが届いたのでしょうか・・・?



  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(2)割烹 いうら

2009年07月19日

7月〇日の日記

7月〇日(きんようび) くもり

ぶらっくほーるのことで、わからないことがあったので、

いうらせんせいにでんわしました。

ぐうぜん、おびぃにいさんがきているそうです。

ゆうがたになったので、せんせいのうちにいきました。

つくとすぐに、とんでもないものをみせていただきました。

しんちゅうのぱいそんにぞうさんのきばがついています。

ぐりっぷのそこをみると、もくめがわっかになっていました。

ぞうさんのきばをだいこんのわぎりのようにして、

それをはんぶんにしてつくったみたいです。

こんなにすごいぐりっぷははじめてみました。

おびぃにいさんもあまりのすごさにはなくそをつけるのを

ためらっていました。


きょうのばんごはんです。

おおさかからとどいたというまつたけです。
このじきに?とびっくりです。
やきたてをすだちをかけてたべました。


どようのうなぎのひだそうですが、

こちらはえどまえのあなごです。
あまりのでかさにびっくりです。


おくさまとくせいのつめをぬっていただきます。

1じかんいじょうにたあなごはやわらかく、ほっくほくです。


めたぼ3きょうだいのおにいさんたちもなっとくの、

おにくもありました。


ごはんはちらしずしです。

いろどりもきれいでおはなばたけのようでした。
ちょうどよいしめかげんのこはだもおいしかったです。


「ごほっ、ごほっ!」

おすいもののまつたけが、あまりにおおきくて、
のどにつっかえました。


ぼくのきおくがたしかなら、

でざーとがでてきたのははじめてだとおもいます。
ももとばななのしゃーべっとです。
これもじかせいなんですよね?おくさんてとってもすごい
ひとですよね。こんなすてきなおくさんをおもちのせんせい
がとってもうらやましいです。
ぼくもけっこんしたら、こんなにすてきなおくさんがほしいです。


おやくそくのがぞうです。

おびぃにいさんはおくにのためにがんばっておつかれのようです。
いつもぼくたちをまもってくれてありがとうございます。
にぃさんはぼくたちのひーろーです!

てぃーさんのでんせつをくすがえそうと、どいつのてっぽうの
いらいをせんせいにしていたのは、ないしょです。

 
 おしまい



さぁさぁ、

本日は「アンリミテッド」ですよぉ~♪

場所は東京都立産業貿易センター台東館です。 
(浅草駅から徒歩10分)

同じ会場で、誰でも気軽に参加出来る、楽しいシューティング
イベント「COOL STYLE TOY4」が開催中ですので、皆さん
ぜひ遊びに来て下さいね~♪
会場で見かけたら、お気軽にお声かけ下さ~い。

ではでは、行ってきま~す!



  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(10)割烹 いうら

2009年06月22日

今日の晩ごはん♪

(ガラガラ~)

「いらっしゃ~い♪」

「こんばんは~」

「女将さん、今日はどんなご馳走かな?」

「今日はねぇ、こんな感じよ」

「うわぁ~、このアスパラ巻き、彩りもキレイですね~!」


「まずは、鯵のお刺身、

あぶらがのっていて、美味しいわよ~」

「うん、ウマイ!小骨もちゃんと取ってあるんですね~」


「なめろうも作っちゃった♪」

「バーナーでちゃんと焼いたんだから」

「あ~、この香ばしさがたまりませんね~」


「お食事はねぇ、

いか飯!」

「駅弁とかの定番じゃないですか、まさか、ここで頂けるとは・・・」


「あれ?みんな食べないの?」

「お肉、ボクちゃんが全~部食べちゃうよ~」

「ぺロり」


「あ~、おなかもいっぱいになって、調子も出て来た!」
 
「よ~し、次回の製作は・・・


「こんな感じでお願いしま~す♪」

「爆!」


※先生、奥様、いつもながらご馳走様でした~♪
 ありがとうございます!

  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(8)割烹 いうら

2009年06月01日

梅雨寒の銃人(10人)

ここのところ、
関東は連続した雨で、毎日のように雨降りでした。
本日は日曜日で、お休みの日くらい晴れて欲しいところ
でしたが、やっぱり雨でした・・・。

こんな雨の日でも、出かけない訳にはいきません。
井浦先生のお宅にお邪魔する日ですから。

本日の目的は、次期エングレ倶楽部候補生のお方を
先生のお宅にお連れするのが主な目的です。

そのお方とは・・・、
待ち合わせの駅に着いたら、いらっしゃいましたよぉ~♪

「ど~も、フミンスキーです♪」

そうです、珍銃使いのフミ様です。今回、井浦先生に
エングレーブのご依頼があるそうで、先生のところまで
エスコートです。

さて、
もうひとり、エスコート役の方がいらっしゃるのですが、
まだ来ていないようですね。
待っている間に、今度は「Jumo」さんがやって来ましたよ~♪

最近、UPされている、「プロジェクト報告日誌」は、リボルバー
好きにはたまらない内容ですよぉ~。
画像見ているだけで、ヨダレが出てきます・・・。

さてさて、
3人そろったところで、Jumoさんの携帯が鳴りました。
どうやらもうひとりのエスコート役の方は遅れて来るそうですよ。
なので、3人でお先に先生宅に向かいました。

先生のお宅に到着すると、先生といっしょに、
flat_out」さんのお出迎えです♪
いやぁ~、最近お忙しそうなので心配しておりましたが、
お元気そうでした。

するとすぐに、「SEIJI」さんがやってきて、党大会と勘違い
したのか着物姿に下駄で、「だいじそ党首」が、続いて、
ryochan」さんが、きましたぁ~。

皆さん来たところで、乾杯&お食事になりましたぁ♪
(あぁ~、またSo-Suiさんの歯軋りが聞こえてきそう・・・)

車の方以外は、梅酒で乾杯です♪完熟した青くない南高梅
を使用した甘すぎない(砂糖の多くない)すっきりとした梅酒
です。
普通の梅酒のように、甘さが口に残らないので、梅雨のよう
なこんなジメジメとした時にはまさにぴったりのお酒でした。
飲みやすいので、ついつい、ロックで何杯も頂いてしまいま
したぁ~。(私、子連れはちょっとお酒が入ってだけで、すぐ
真っ赤になります)

漬物も、普段口にしないような、長芋、セロリなどもあり、
とても美味しかったです。


ドッカ~ン!と大きいコロッケには、中に仕掛けがあり、

6分の1の被弾確率で、激辛なものが・・・、
ってな訳はなく、ホタテが丸ごと1個、入っていましたよ~。
特製のトマトソースをかけて頂きます♪


そして、

ちまたではメ〇ボ3兄弟なんて言われている、f、D、r、さん
のために用意されたような、でっかい角煮&煮卵が、
胃袋を満たします。御三家も大満足のご様子です♪


お昼を過ぎた頃に、「てるぱ大臣」さんが、小学校の時から
のお友達さんを連れてやってきましたぁ♪
来て早々に、fさんと打ち合わせをしておりました。

私も、てるぱ大臣さんに加工して頂きたいパーツがあったので
お願いしましたぁ。(お手数お掛けします、よろしくお願いします♪)
てるぱ大臣さんの持参の井浦先生の作品に先生のサインが
あり、しかも製作された年の「2000」という文字まで彫ってあり、
「ヤラレタァ~!」って感じでしたね。

でも、
これだけの人数が先生のところに集まるのって、はじめてじゃ
ないでしょうかね?

なぁ~んて思っていたら、
真打登場です♪

obi-wanさんが、家族サービスを抜けてやって来ましたよ~。
なんでも、渋谷で買い物してたら、奥さんからお土産を渡され、
「先生のところに行ってきたら?」と言われたそうじゃないですか!
くぅ~、いい奥さんですねぇ。うちのカミさんも見習って欲しい
もんです。


と、

言う訳で、

ひい、ふう、みい、・・・と、

銃好きな銃人が、10人も集まったのでありました~。
(うち、エングレ倶楽部会員は7名です)
これだけの人数が集まると、テッポウ談議にも花が咲きます。
もちろん、話題の中心はTさんの100まんえんガバ!(爆
皆さん、「これなら100まんえんするだろうなぁ~」と、言った
とか言わないとか・・・。

本日も、美味しいご馳走と楽しいひと時をありがとうございました。
先生、奥様、そして楽しい仲間に感謝致します。



あのぉ~、

So-Suiさん、大丈夫でしょうか?
歯軋りしすぎで、歯が全部抜け落ちちゃたのでは・・・

  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(20)割烹 いうら

< 2017年04月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
プロフィール
子連れ狼
子連れ狼
オーナーへメッセージ