2009年11月21日

WAのパーツの組み込み

さてさて、

JSC用のGUNに、ロストワックス製のパーツを

組み込むのですが、組み立てのコツなんかを。


オレなんか、目ぇ瞑ったって、ガバ組み立てちゃうもんね~、
という諸先輩方は今回はスルーしちゃって下さいね♪
今回の記事はkeiさん(または、組み立てが苦手な方)
に贈りま~す。


まずは、

シャーシに、ディスコネガイドのスプリングを入れます。


そして、

ディスコネガイドを挿入♪


今回使う道具は、

先の細いペンチと、シアーピンと太さが同じかそれよりも
細いドライバーなんかを用意します。


そしたら、

ディスコネガイドを指で押して、


下げておいて、

その間に、


ペンチで、

ディスコネクターを挟みます。


そして、

ディスコネガイドの穴に、ディスコネクターの出っ張り
の棒を差し込みます。
(画像では上がったままですが)、ディスコネガイドは
下に下がっていた方が、穴に入れやすです。


はまってしまえば、

ペンチを外してもOKです。


そうしたら、

フレームを平らなところに置いて下さい。


次は、

シアーを組み込みます。


シアーの、

この部分をつまみます。


ぶつかって、ディスコネクターが外れないように、

ゆっくりと、滑らせて、隙間に入れていきます。


ディスコネクターの上に、シアーが乗ってしまえば、

ペンチを外してもOKです。
でも、このままだと、フレームのシアーピンの穴と、
シアーの穴の位置がズレているので、


フレームの上から、ドライバーを差し込んで、

こちょこちょと、シアーの穴が真ん中にくるように、
シアーを持ってきます。


フレームとシアーの穴が揃ったら、

すかさず、バルブロック・レリーズを用意し、


フレームに、

滑りこませます。


あとは、

シアーピンを、


上から真っ直ぐに、

差し込めば、


大丈夫です。

多少、抵抗があっても押し込んじゃえば入ります。


ここまで、パーツを組み、

シアーピンを差してしまえば、パーツがバラけることがない
ので、安心ですね。


あとは、

ハンマーなどを組み込んで下さいね~♪


ではでは~





  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(13)WA 組込み

< 2017年04月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
プロフィール
子連れ狼
子連れ狼
オーナーへメッセージ