2009年12月18日

JANPS 戦利品

JANPSでの見学もそうですが、
会場で販売されるグッズなども気になりますね~。

まずは、フリーダムアートさん。
ハイキャパ系のカスタムパーツがズラ~っと並んでおります。
私はマルイのハイキャパは持っていないのですが、B級品の
パーツをゲットしました。


こちらですね。

パッと見はどこがB級品かわからなかったのですが、聞いて
みたら、「メッキの乗りが悪い」、とのことでした。よ~く見ると
そうなのですが、全然気になりません。お安く入手出来るの
でかえってありがたいです。

集光サイトは、今度出るアレに付ける予定です♪

ちなみに、ryochanさんは、パーツだけでなく、会場限定の
ハイキャパ本体をお買い求めになりましたぁ~。


こちらは、

L.E.M.さん。
実戦的なタクティカル装備の他にも、お買い得な中古の
カスタムガンもありました。


私はずっと欲しかった、

コチラを入手しました♪


あ、

あと、お知らせです♪

明日の19日の土曜日ですが、秋葉原のアソビットさんで、
シューティングのテストマッチ&講習会があります。

12月19日(土)

場所:アソビットシティ7Fシューティングレンジ
受付開始時間:14:00
終了予定時間:17:00ぐらい

内容は、
シューティングのいろはから、細かいルールまで、
他所のイベントでも使える実践的な講習会です。
シューティングマッチの事を全然知らない初心者様も大歓迎!

だそうです♪

講師はtakuさんですよぉ~
(神谷会でお世話になったスタッフのおねいさんは来るのかな?)

詳しくはアソビットさんのブログのコチラをご覧下さい。


ではでは~
  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(0)JANPS

2009年12月16日

JANPS 防寒対策

JANPSでは、
開催が11月ということもあるのですが、それよりも、
弾道に影響がないように、安定した初速で弾を発射できる
ようにということで、シューターの体というよりもマガジンを
暖める方が多かったです。

会場が体育館なので、あちこちにコンセントが差し込めるの
で、定番であるドライヤーや、


コチラはアルミを下にしいて、

電気毛布で大量のマガジンを暖めております。

また、画像はないですがコタツを持ち込んでいらっしゃる方
もいました。


そしてコチラは、

トモさんが会場に持ち込んだ最強兵器!


なんと!

温冷庫であります!


細かい温度調整が出来るようになっていて、

色々と試した結果、「37℃」がベストな温度だったそうなの
で暖まりすぎることなく、丁度いい状態でマガジンが使える
そうです。


そして、こちらの方は、

GUNのキャリーバック自体にGUNスタンドを取り付けて
あり、GUNをスタンドに差したまま運搬出来るようになって
います。
バックの中には電動ガンのバッテリーからウォーマーに
電気が流れており、これでマガジンを暖めておりました。
また、コンプの先には初速計が付けっぱなしになっていて
いつでも初速が測れるようになっていました。

皆さん色々とアイデアを出して考えているんですねぇ~♪
  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(0)JANPS

2009年12月15日

JANPS 舞台裏

JANPS当日は、

前日の練習会からの設営がそのまま残っておりまして、
会場はこんな感じになっておりました。


戦いを前に、ひっそりと佇むコース達・・・



こちらはムーバーですね。



このレールをターゲットが走ります。



裏から見ると、こんな造りになっているんですね~。



バリケードもしっかりとした造りですし、



ターゲットも、一定の時間を過ぎると、



そっぽを向いてしまうので、



凝った設備になっています。

何本かの線が繋がっているので、



裏を見てみると・・・、



なんと!

エアタンクで駆動していたのですね~!


スタッフの方が、

動くスピード、時間などをガス圧などを調整をされていました。

ビアンキカップのような本格的なJANPSのコースは、
このような素晴らしい会場を貸してくださる方と、
大掛かりな装置の設営と調整をするスタッフの皆さん、
そしてなによりも、遠い掛川までやって来る射撃好きな
皆さんの熱い想いが、あってこと実現出来る貴重な
シューティングマッチであると思います。

いつか自分のカップガンを作り、出場してみたいです♪


次回は、防寒対策(マガジンのですよ~)です。

  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(4)JANPS

2009年12月13日

JANPS ムーヴァー

JANPS、と言うか、本場のUSビアンキカップでも最大の難関、

ムーヴァーであります。

『ムーヴァーを制するものはビアンキを制する』
という有名な格言や、
『ムーヴァーを撃って出した得点こそ、シューターのもつ実力』
という、イチローさんの言葉もあります。

それくらい射撃のなかでも難しいコースでありますね。
ターゲットの真ん中を狙って撃っても、弾届く頃にはターゲット
は移動しているので、それを見越したリードが必要になります。

ギャラリーとして見ていても、ターゲットがどんどんと移動し、
向こう側に隠れちゃうので、撃つシューターにしてみれば、
もっと大変に感じますよね~。
ターゲットが見えてからドローをし、(その間にも移動してますし)
黒点からのリードを考えて狙い、(ターゲットの先を狙い)
距離によって、3~6発撃たなくてはならず、
(銃を横に振りながら撃つ)
アセっていると、あっと言う間にターゲットが向こうに隠れて
しまいます。

しかも、狙うのは4cmの黒点であります・・・

もし、自分が撃つ時のことを考えると、「ガクガク、ぷるぷる」
で、トリガー引けるかあやしいもんです。

それを淡々と撃ち続けるシューターの皆さんは凄いなぁと
感心する次第であります。


では、

実際に動画をどうぞ~♪



さてさて、

JANPSでの全4コースをご紹介しましたが、私の素人的な
レポートでは細かいところなどうまく伝わりませんので、
ヴァレリー工房さんのかゆい所にまで手が届く、素晴らしい
レポートをご覧下さい♪
 ↓
コチラをクリックです。


一通り、コースの説明が終わったところで、
次回は、この大掛かりな舞台装置の裏側をご紹介です♪
  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(4)JANPS

2009年12月12日

JANPS バリケード

はいは~い、

こちらは、バリケードでありますよ。

これもビアンキカップならではのコースでありますね。


バリケード越に、

4cmの黒点に向かって6連射をします。
始めの4mからのシューティングから、遠距離では8mからの
シューティングもあるので、これはもう競技としては精密射撃
の世界であります。


しかも、

ウィークハンドでも撃たないといけないので、大変です。
確実に黒点に弾を叩き込むため、バリケードに銃をグッと押し
付けて固定し、撃つわけですが、そのためにスライドの上から
被さっているシルバーのパーツ、「シュラウド」が必要になって
くる訳ですね。銃をバリケードにくっ付けても、シュラウドで
被われているスライドは干渉していないので、ブローバックに
影響しません。

クゥ~!、このシュラウドがカッコいいんですよね!
たまりません。こんなカッコいいシュラウドを装着した銃を作り
たいですねぇ~♪


ではでは、
こちらも動画でどうぞ~♪


2009年のJSCでの優勝者、ナリタ選手のシューティングです。
素早くドローし、左手にスイッチ、そして確実にバリケードに
固定しての射撃。その華麗なるGUNさばきをご覧下さい。



最後は、ムーヴァーです♪  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(0)JANPS

2009年12月10日

JANPS プラクティコー

こちらは、

プラクティコーになります。左右のターゲットを決められた
時間内に決められた弾数だけ撃ちます。
両手撃ちの他にも、利き手のみ、ウィークハンドのみの
シューティングもあります。

あれ?

設営中の画像だったので、ターゲットが無いですね。


ターゲットはこんな感じです♪

このペーパーターゲットに向かって撃ちます。


カーボン紙で、弾痕が写るようになっているので、

採点ではごまかしがききません。黒点の直径は4cmです。
あ、ちなみにこのターゲットは、昨年の「クールスタイルトイ3」
で、私が実際にプラクティコーのコースで撃ったものです。


そうそう、
スピード系シューティングだと、スティールプレートに向かって
撃つので、シューティングの会場では、「キン コン カン コン!」
と金属音が鳴り響くのですが、JANPSの会場では、ペーパー
の後ろにプラスチックのボードがあるので、聞こえる音は、
「ペチ ペチ!」っといった音で、なんとな~く独特の感じです。


最大8mの距離からも撃つので、

この黒点を狙うのは至難の業です。


なので、

このプラクティコーでも、遠距離ではプローンが有効です。
こちらは、ショウジ選手と、石井選手です♪


コチラも、動画でどうぞ~♪

タイミングもポーズも一緒のお二人。息もぴったりですね~。


次回は、バリケードです♪  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(0)JANPS

2009年12月09日

JANPS イチロープローン

さてさて、

前回お送りしたトモさんのプローン動画なのですが、
コチラを画像で解説したいと思います♪

会場で、トモさんにプローンのやり方を聞いていた選手の
方がいたので、私も隣で「フムフム」と、聞いておりました。


まず、立ち位置ですが、

プローンした時にグリップした手が着くところから、
半歩から一歩下がったところに立ちます。
両足は広げないでカカトはくっ付けたままです。


普通、銃をホルスターからドローする時は、銃を持った手を
上に引き上げる動作になると思うのですが、プローンの場合
はそうはしません。


銃をグリップしたら、
手を動かすのではなく、手はグリップしたままで、

体の方を下に沈めます。こうすることで、余計な動作をせずに、
すばやく伏せることができます。


そして、
左手と銃をグリップした手を床に着けます。


そうしたら、

両足を後ろに伸ばしていくのですが、この時に腹筋を使って
ふんばります。足だけでなく、この腹筋の使い方がスムーズ
なプローンのコツのようです。


足が後ろに行く時は、

つま先立ちのような状態で、そのつま先を後ろに滑らせて
行くような感じですかね?


スムーズに足を滑らすために、こういった室内会場では、
靴を脱いで靴下で動作をしているのだと思います。


んで、

実際に私もガバのグリップ付けたフレームだけは持って来て

いたので、やってみましたぁ~♪
(いつか、コレをベースにカップガンを作るのが夢です♪)


「ドタっ!」

「バタっ!」

・・・、

う~ん、難しい。

手に力がいるのかなぁ~と思っていましたが、
やっぱりキモは腹筋ですね。こんなに腹筋に力がいるとは。

トモさんにも、「あんまりやってると、腹筋、筋肉痛になるよ」
と言われました。この時はそんなに感じなかったのですが、
家に帰り、朝起きようとしたら、腹に激痛が!
普段、腹筋なんて使うことないので、やっぱり筋肉痛に
なりましたぁ~。

プローンの技術を磨く前に、まずは体力作りからですね。


お次は、プラクティコーです♪  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(0)JANPS

2009年12月08日

JANPS フォーリングプレイト

ではでは、
競技の内容を見て行きましょう~。


まずは、シンプルなフォーリングプレイト。

6枚のプレートを倒していく競技です。


直径8cmのプレートを、

倒していくのですが、外しても撃ち直すことはありません。
次のプレートへ向かいます。

プレートまでの距離が、4m~7mまであるので、
遠くなればなるほど、プレートは小さくなります。

なので、
安定したフォームで射撃するため、遠距離ではプローン
(伏せ撃ち)で撃つ選手もいます。
これがまた、ビアンキカップぽくっていいんですよね~。

雑誌の記事なんかでは見たことあるのですが、
実際にこの目で見るのは、今回が初めてです。
このプローン技術を見るだけでも、JANPSに来た甲斐が
あるってもんです。


それでは、
イチローGUN団のお一人である、雑誌のライターでも
お馴染みの、トモ・ハセガワさんの高速プローンを、動画でどうぞ♪

いかがでしょうか?
「ドタッ!」とか、「バタッ!」ではなく、スゥ~っと華麗に
伏せておられます。これが、今年のUSビアンキカップでも
活躍された「イチロープローン」なのでありますね♪

さらに、
凄いのは、隣りでスタンディングで撃っている選手と、
ほとんど変わらない速さで、初弾を撃っている、という事
であります。ホルスターから抜いて、→伏せて→撃つ、ので、
普通にドローして撃つよりも時間も手間もかかるはずなの
ですが、この速さはどうですか?
速さが変わらないのであれば、プローンの方が安定して
撃てますので有利ですもんね。

いやぁ~、凄いものを見てしまいました・・・

次回は、イチロープローンの解説です♪  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(10)JANPS

2009年12月06日

JANPS 行ってきましたぁ~♪

え~、

もう一月前のことでありますが、

先月の始めあたりにですね、「JANPS」と言うシューティング

の大会がありまして、行って来ましたぁ~♪
ちょうどPCが壊れてた時期でして、今頃のUPで
失礼致します~。


行ったといっても、見学なのですけどね。

大会会場がですね、遠いんですよ。

なんと!静岡!

ずっと、行ってみたかったんですけど、ちょっと遠いので、
今までは躊躇していたのですが、今年になって頼もしい
助っ人が現れました!

マルマーニ党では、ハイエナの目を持つと恐れられ、
エングレ倶楽部では、ブルーイングの技を如何なく発揮し、
今年はチームRタイプメンバーとしてシューティングに目覚め、

それが、我らの「ryochan」さんです♪

普段からツーリングなどで、あちこち出かけているようですし、
このJANPSというシューティングの大会は、競技として見ても
やり応えのある大会なので、見学だけでも面白いかなぁ~?
と思い、お誘いしてみたら、一緒に行って下さることに!
車まで出して下さり、ありがとうございま~す♪

さてさて、

会場が静岡の掛川市と、こちらからは遠いので、朝の5:30
過ぎにこちらを出発しました。
当日は、お天気もよかったので、ドライブとしては最高です♪

途中で休憩したサービスエリアからも富士山がよく見えます。

(ryochanさんの愛車とパチリ♪)


バイパスから一般道に降り、しばらくして、ちょっと1本細い道に

入って行くと、レンガ造りの立派な建物が見えてきました!
ここが県立総合教育センター「あすなろ」です。

あんまり立派な建物なので、「こんなところで本当に
エアガンのシューティングなんかやって大丈夫?」と思って
しまうくらいです。


道なりに奥まで行くと突き当たりが体育館になっていまして、

こちらが今回の会場です。
もう何年もこの会場で行われているのでしょうか?でしたら、
世間ではあんまり印象のよくないテッポウを使った競技を
このような素晴らしい場所で開催できるよう取り計らっている
「JANPS」の関係者の方には頭が下がります。

東京とかだったら、近くの公民館でも、まず無理なような
気がします・・・。


こんな感じで、

フツーにスポーツなどが出来る、体育館です。


こちらは、

入賞者への盾やメダルなのですが、


それよりも目を引いたのは、

参加された皆さんが各自持ち寄られた景品の数々です。
ご当地名物や、レアな食材など、あんまりトイガンに関係ない
景品がほとんどなのですが、こういった参加者の温かい想い
でこのJANPSが開催されているのだなぁ~と、感心しました。


PCまで会場に持ち込まれているので、

リザルトや結果などは、


体育館の外にある、

巨大なパラボナアンテナで、全国に送信~♪(って違うか!)
でも、この大っきいアンテナ、何につかうのでしょうか?


今回は、今までで最多の参加人数だったそうです。

参加された皆様、お疲れ様でしたぁ~♪


次回からはレポートをお送りします




  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(2)JANPS

< 2017年06月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
プロフィール
子連れ狼
子連れ狼
オーナーへメッセージ