2009年07月31日

ブラックホールへ行こう♪

あ~、
今月も毎日更新しちゃったなぁ。
こんなハズではなかったのですが、
まぁ、ネタがあるということはありがたいことですね♪

のんびりと行きまっしょい。


さてさて、
明日の8月1日(土)と、2日(日)の二日間、浜松町にて、
夏のブラックホールが開催されます♪

ちょうど、APSカップの日と重なっちゃうのですが、APS
カップに出場されない方は、ぜひブラックホールに遊びに
来て下さいねぇ~。


と言うのは、

我がエングレ倶楽部が、ブラックホールに出展するからです♪

ぜひ、その目で、生で、素晴らしい彫刻がされたトイガンの
数々を見て下さい。そして、少しでもエングレーブの魅力を
知るきっかけになって頂ければ幸いです♪

遠方より、エングレ倶楽部の支配人である、So-Suiさんも
いらっしゃいます。

私は土曜は仕事なので、日曜日のみの参加ですが、
ぜひ、遊びに来て下さいね♪
(日曜日に来ると、なんかいいことあるかも!?)

  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(8)エングレ倶楽部

2009年07月30日

アンリミ 終わり・・・

いかがだったでしょうか?
「アンリミテッド」のレポートを通して、

少しでもシューティングの楽しさなどが伝わったでしょうか?
今回はいつもよりは、(数回ですが)練習も出来たのですが、
本番ではマガジンのトラブルで思うような結果が出せません
でした・・・。

しかし、
「何人かはいるかな?」と思っていたマルシンキンバー
ですが、他の人とかぶらないように、ダットサイト付けて、
コンプまで付けちゃいましたが、結局私ひとりだったようです。

撃っている自分が一番楽しいのですが、もとの面影のない
キンバーや、カートの舞う様子は、見ている方でも楽しめた
のではないかなぁ~と思っております♪

今後、もっとたくさんの方のマルシンのカート式がマッチの
会場で見られたら、いいのになぁ。


さて、

こちら、今回の参加賞と景品です♪


マルシンの銃での参加でしたので、

景品も迷わず、マルシン用をゲットです(笑)


さっそく、付けてみましたぁ~♪

大きめのアールがいい感じです。親指をしっかりと乗せる事が
出来ますし、セフティーのクリックもしっかりとして、セフティー
が抜けにくくなりました。


反対側は、

スッキリと、寂しくなっちゃいましたが・・・


さて、
次回のシューティングマッチは、10月の「ジャパン・スティール
・チャレンジ」でしょうか?
こちらをご覧の皆様も参加してみませんか?
見学だけでも楽しいですよ、色んなカスタムガンも見れますし。


銃本来の魅力である、「撃つ!」を皆さんで楽しんで参りましょう♪

ではでは~

  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(7)アンリミテッド

2009年07月29日

クールスタイルトイ4

アンリミテッドと同じ会場で、「クールスタイルトイ」という、
シューティングのイベントも同時開催されていました。

こちらは、初心者の方でも大歓迎!という感じで、色々な
タイプのシューティングのコースがありました。
ほんとは全部のコースをお伝えしたかったのですが、
私はキンバーのマガジンと格闘していたため、全部は
回れませんでした・・・。
なので、そのうちのひとつをご紹介したいと思います。


こちらは、
「ATPF」さんのコースになります。

ATPFのフランネルさん、kozさんにはいつもお世話になって
おります。前日も夜遅くまで設営の準備でお忙しかったそう
です。(お疲れ様でしたぁ~♪)

他のスタッフの方もそうなのですが、だいたいこういった
シューティングの大会って、スタッフの方が先に撃ったり、
空いている時間に皆さん交代で撃ったりするのですが、
今回は、「アンリミ」と「クールスタイル」が同時開催という
こともあり、スタッフの皆さんはジャッジや係りのお仕事に
付きっ切りでシューティングをしている暇はありませんでした。

こういったスタッフの皆さんのご尽力で、私達が楽しく
シューティングをさせて頂いている、という事を忘れては
いけないと思います。スタッフの皆さんだって、ほんとは
撃ちたいですもんね♪


こちらが、

コースの見取り図になります。
アンリミテッドのようなスピードシューティングとは違い、
射撃の正確さが一番に求められます。
と言うのは、タイムの速さや、順位などには重点を措かず、
あくまでも、自分のスキル(技術)の向上を目的としている
からです。

ターゲットも主に人型のペーパーターゲットを使用し、
ダブルタップ(2発)で撃ちます。比較的ペーパーは
大きいのですが、ゾーン分けがされており、人間の
急所である場所以外に撃つと、タイムが加算されます。
つまり、実戦の射撃に即したシューティングなのですね。



では、

実際に参加されたginkakuさんのシューティングの模様です。
まず、スタートポジションに立ちます。


スタートと同時に、

ボックスまで移動し、バリケード越しにシューティングです。


違うボックスに移動し、

ペーパーターゲットにダブルタップで撃ちます。
速さよりも、確実にAゾーン(タイムが加算されない)を狙います。


また移動して撃ちます。

なかには人質役?(ノーシュートターゲット)があり、これに
当てちゃうと、ペナルティでタイムが加算されます。

最後はストップターゲットを撃ち、タイマーを止めて終了となります。


しかし、
まだ終わりではありません。

撃ち終わったあとには、ジャッジの方と一緒に採点をします。
これが大事なんですね。


一緒にコースをまわり、

自分の撃ったターゲットの弾痕を確認します。

こういった、撃ち終わったあとの確認作業が、自分のいい所や
苦手な所を知ることにもなり、更なる射撃技術の向上へと
繋がります。また、こういったバリケード越しのシューティングは
サバイバルゲームにも通じるものがあり、サバゲにも役立つと
思います。

私も以前違う会場で、ATPFさんのコースを撃ちましたが、
架空のストーリー(設定)に基づいてのシューティングは
奥が深く、とってもやりがいのあるコースになっています。
だって、テッポウ撃つのが好きな人達があれこれ試行錯誤
して出来たコースですから、面白くないわけがありません。

また、ベテランシューターの方の撃つ様子を見ていると、
敵(ターゲット)から自分の身を隠しながら撃ったり、
身をかくしてのリロード、反撃を予測してのターゲットを
撃つ優先順位などなど、ほんとに実戦射撃そのものです♪
こういう姿を見ていると、自分も撃ちたくなってくるんですね。
(あぁ~、ムラムラ~)

  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(4)アンリミテッド

2009年07月28日

アンリミ ST1~3

さて、
シューティングマッチ「アンリミテッド」ですが、
マガジンに不安を残したまま、午後の後半戦です。

まずは、


ステージ1の、

こちらのコースです。
ストッププレート以外は小さい10cmのプレートが
左右に振られて配置されています。


こちらも、出だしは好調♪

しかし、3本目のマガジンでまたもや生ガス吹き出し!
今回は、17秒台でなんとかトラブルを回避しましたぁ。


続く、

ステージ2、


こちらは、

プレートが大きいので、撃ちやすいです。素早く撃って、
早いタイムを稼ぎたいとこであります。


しかぁ~し、

そううまくはいかないのでした・・・。
1回目で生ガス吹き出しちゃいました~!


おっとっと!

そんなにびっくりせんでもいいでしょうに・・・。
今回はマグチェンジに手間取り、MAXタイムぎりぎりの
29秒もかかっちゃいましたぁ~。


もう、残るはこちらのステージ、

ステージ3しかありません。


シューティングマッチではお馴染みのコース、

「Five To Go」をアレンジしたようなプレートの配置に
なっております。


最後のステージは、不調のマガジンは使用せず、3本の
マガジンのみで挑みましたぁ~。

好調です♪
1~3ストリングは、4秒台で撃てましたぁ♪
まだ、弾の残っているマガジンにカートを詰めなおし、


4回目のストリング、

「ボシュ~!」
やっちまいましたぁ!

さいごの最後で、神さまにも見放されました・・・
かりにも、「丸神」とも読めるメーカーの銃使っているのに。
えっ?神様にも色々いるって?「〇〇神」じゃないかって?
(こら、コラっ、シィ~!)

しかも、ヒドイ事に、
生ガス吹き出し+カートジャムだけに留まらず、
スライドが開いたまんま、変な位置で閉鎖不良を起こして
しまい、押しても引いてもスライドが動かなくなって
しまいましたぁ!
もう、この4回目のストリングは射撃不可能なので、
タイムはMAXタイムでそのストリングの最大の時間である
30秒となってしまいます。
銃をガンケースに仕舞い、試射も出来るエリア、
「DISCHARGE AREA」まで持って行き、銃の不良を
直します。

後日、このキンバーのメカニズムをご紹介しますが、
この銃、擬似ショートリコイルで、チャンバーカバーのみ
がスライドの動きに合わせてぴょこぴょことショート
リコイルします。このチャンバーカバーが、吹き出された
生ガスによって押し上げられ、スライドの裏側のへんな
ところに挟まっちゃったみたいです・・・。

後ろから、スライドを思いっきり叩いてやったら、
スライドはもとに戻りました。普通に何度もスライド
を引いてみましたが、問題なさそうです。

もうこうなっらた、なんでもありで、
最終ストリングも生ガスが吹いてしまいましたが、
マグチェンジがうまくいきました。(それでも13秒台
でしたが・・・

  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(5)アンリミテッド

2009年07月27日

アンリミ ST5

さてさて、
シューティングマッチの「アンリミテッド」、

次のコースは、

となりのステージ5でした。


シンプルなコースですが、

プレートの直径が10cmと小さく、先ほどのステージ4よりも、
より正確さが求められます。
また、このステージは銃を撃つボックス(場所)が2ヶ所あり、
左のボックス、右のボックスと、異なる場所から撃たないと
いけません。左右でプレートの配置も変わってきますので、
注意が必要です。


とりあえず、

向かって左のボックスから撃ちはじめました。

ガス圧の安定をはかるために、1回のストリングを撃つたび
に、マガジンに沢山の残弾があっても、マグチェンジをします。


2本目のマガジンも、

問題なく撃てました。


ところが、3本目のマガジンで撃とうとした時、それは起こり
ました。

「ボシュ~!」

1発も撃つことなく、マガジンから生ガスが吹き上げ、ジャム
ってしまいましたぁ!
(その決定的瞬間を、ryochanさんがカメラに収めました!
 いやぁ~、さすがです!)

スライドはジャムって、途中で止まったので、

 ・マガジンを抜いて、カートを排莢しスライドをクリアー、

 ・新しいマガジンを装填して、スライドをコッキング、

 ・そして、撃ち直し、

だったので、えらい時間がかかってしまいましたぁ!



銃本体には問題なく、

こちらのマガジンのせいです・・・。


一応、生ガス吹き上げ防止加工はしてあったのですが、

マガジンの冷えと、ホルスターからのドロー(抜き撃ち)により
マガジン内の生ガスが、放出バルブの方に残っているままの
射撃で、ガスが気化されないまま出てしまうようです。

練習の時は一切なかったトラブルですし、ドローせずに、
ターゲットに銃を向けたままでは、起こらない現象です。



4ストリング、5ストリングは、

隣りのボックスからシューティングしました。


こちらのマガジンは、

問題なく作動し、快調でしたね。

マルシンキンバーは、マガジンとカートを揃えようとすると、
けっこう金額がかかってしまい、えらいことになります。
なので、私はマガジン4本と、最低限のカートしか準備して
いませんでした。
5ストリングあるので、マガジンは5本あったほうがいいのです
が、そういうわけにもいかなかったので、途中で残弾が多い
マガジンにカートを装弾し直して臨みましたよぉ~。

ですから、お尻に予備のカートが入った、ダンプポーチを
ぶら下げていたのです♪

しかし、
残り3本のマガジンだけで臨むのは不安だったので、
このステージのあとは、不調のマガジンの修理に勤しみました。


(あれ?、このマガジンって、マルシンさんに修理に出した
 マガジンじゃん! マルシンさん、頼みますよぉ~)


  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(10)アンリミテッド

2009年07月26日

5万ヒット記念プレゼント♪

あ~、
こちらをご覧の皆様、
いつも私の至らないブログを見て頂き、ありがとうございます♪


・・・、

しかしですねぇ・・・、

なんですか!あの前回のアクセス数は。

これは、「ミリブロ」ですよぉ~。

「ミ・リ・ブ・ロ」。

まったく、皆さんときたら、

おっぱい好きなんだから。

私?

おっぱいなんて、

おっぱいなんて、


「大好きです♪」(爆



あ~、

さてさて、

3年目になりました当ブログも、

ありがたいことに5万ヒットと相成りました。

1年目、2年目のブログも合わせますと、45万ヒットにも
なりますですぅ~!

ありがとうございます!

なので、

日頃の感謝の意味を籠めて、5万ヒット記念のプレゼントです!

いつもは、プレゼントの内容は事前にには公開しないのですが、

今回は先にお披露目しますね。


こちらの、

WAガバ用のマガジンになります。(しかも、中古です)

「な~んだ、そんなのいらねぇよ~」
と言う声が聞こえてきそう・・・。


しかし、このマガジン、ただのマガジンではありませぬ!

私、子連れのコネと爽やかエロさを生かした、

とってもレアな代物ですよぉ~♪


なんと、神谷ゆいさんのサイン入り!

ど~ですかぁ?


さらに!

無理を言って胸を寄せて頂いて、
その谷間に挟んで頂いた、またとない逸品です♪
(↑オイオイ!なんと失礼な事を!)


※(こんなこと頼めるの、こたに大将と私くらい?
  よいこのみんなは くれぐれもマネしないでねっ)


そして、

挟んで頂いたあとにはすぐ密封しましたので、神谷さんの
残り香もあるかもしれません!?


さて、
プレゼントの応募方法ですが、
コメントにて、「欲しい~」とか「くれ」とか、
なにかメッセージを頂ければ結構です。

ただし!
日頃の感謝のプレゼントですので、誠に申し訳ありませんが、
今現在までに、1回でもコメント下さった方に限らせて頂きます。
(1年目~3年目のブログ、どちらでコメントされていても
 かまいません)


厳選な抽選をもって当選者を決めさせて頂きます。
応募は締め切らせて頂きましたぁ♪



では、
今後ともこんな至らないブログをよろしくお願い致します♪


 子連れ狼

  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(29)コラム

2009年07月25日

おっぱい!

さて、

アンリミテッドの会場ですが、シューティングの会場って

他のスポーツと違って、女性の参加が少ないのですよね。

なので、応援に来て下さったりするだけで、テンション

上がりまくり?

そんな男だらけの会場で、

ステキなおっぱい、

もとい、ステキなおんなの子を発見!

どうですか?この巨乳ぐあいは?

おもわず目が釘付けです! 巨乳好きの私にはたまりません!

ジィ~とみていたら、

その子が話しかけてきました。

「ゴメンナサイ、私、おっぱいは大きいんだけど、

体がちっちゃいから、アナタの挟んであげること出来ないの・・・」


「だから、これでガマンしてね」



「えいっ♪」



あぁ・・、

たまりませんなぁ。

「みくるちゃん、最高!」


しかも、ベースはWAのM4ですよ(言葉がありません・・・)


実際に持たせて頂きましたぁ♪(感無量です・・・)

会場の注目度ナンバー1の銃でした。


虚空さんやSo-Suiさんも、こんな銃はお嫌いじゃないですよね?
  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(18)アンリミテッド

2009年07月24日

アンリミ 子連れ狼が撃つ!

さあさぁ、
私、子連れの出番でございます。

今回は同じスクワッドでご一緒だった、ライターの石井さんの
写真でお送りします♪
(石井さん、画像提供ありがとうございましたぁ♪)

                       Ⓒ2009 Takeo Ishii


ブローバックの瞬間です。スライドが動き始めています。

                       Ⓒ2009 Takeo Ishii


空中に舞う、
シルバーのカートリッジが分かりますでしょうか?

                       Ⓒ2009 Takeo Ishii


「キャァ~!」、
カート式の銃で撃てるなんてサイコー!撃っている私だけで
なく、見ているギャラリーの皆さんにも楽しんで頂けたので
はないでしょうか?
こんな私でも、撮る人とカメラがいいと、カッコよく見えるから
不思議です・・・。

                       Ⓒ2009 Takeo Ishii


全て撃ち終わったあとは、スコアカードに自分のサインを
します。ここらへんはやっぱりスポーツや競技っぽい感じ
がしますね♪

                       Ⓒ2009 Takeo Ishii


とりあえず、1回目のステージである、このステージ4は、
トラブルもなく、無事に終わりました。
1回でも撃ってしまえば、ちょっとは気が楽になります。
(ホッ)
的であるプレートの大きさも直径14cmと大きめなので、
当たりやすいです。初めに小さいプレートのコースで、
外しまくっちゃうと、へこんじゃうので、最初のコースが
こんな感じだと、勢いもつきますね。


でも、
いいのはここまででした・・・・

  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(2)アンリミテッド

2009年07月23日

アンリミ ginkakuさんが撃つ!

アンリミテッドでは、全部で5つのステージがありました。
スクワッド(グループ)により、撃つステージの順番が違います。

本日の初回のステージは、


こちらのステージ4になります。

どのステージもそうなのですが、5枚のプレートがあり、それを
素早く撃っていきます。黄色いストッププレートに弾が当たると
センサーが反応して、タイマーが止まります。
なので、最後に黄色いプレートを撃つ以外は、どの順番で他
のプレートを撃ってもかまいません。

人それぞれに撃ちやすさや、作戦があるので、この順番が
正しい、というのはありません。実際にあれこれと撃ってみて
早く撃てそうな順番を見つけるのも楽しみですよね。


番号がginkakuさんの方が先なので、まずはginkakuさんの
シューティングです。

手首を完全に肩より上で静止して、レンジオフィサーの
掛け声を待ちます。


「アーユレディ?スタンバイ」

の掛け声があり、その1~3秒後のブザーの合図でスタート
になります。


このあとは、

素早くプレートを撃っていって、


最後にストッププレートを撃ち、タイマーを止めて終了です。

これを1回のストリングとし、5回シューティングを行います。
そして、5ストリングの内、最もよい4つの合計が各ステージの
総得点として採用されます。
つまり、このタイムが早ければ早いほどいい訳です。


ステージごとに、プレートの大きさや、配置が違いますので、
タイムもそれぞれ違ってきます。
撃ちやすいステージをいかに早く撃つか、そして、苦手な
ステージをいかに攻略するか、ここらへんもシューティング
の楽しさのひとつでありますね。


次回は私、子連れが撃ちま~す♪






  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(2)アンリミテッド

2009年07月22日

アンリミ 撃ってきましたぁ♪

という訳でして、

「アンリミテッド」というシューティングマッチの大会に行って
きたわけです。シューティングと言っても、様々な種類があり
今回の大会は、「スピードシューティング」という、撃つ早さを
競う競技になります。
最大で5m離れた直径10cmくらいの鉄板5枚をいかに早く
撃つか?これが競技の内容です。

なので、選手の皆さんは、素早くプレートを狙ったり、自分で
撃ちやすくするため、色々なカスタムを銃に行います。


チームRタイプのメンバーとして、一緒に参加したginkaku
さんの今回の装備です。

前大会へのリベンジのため、ダットサイトなどの光学サイトを
使用しない「スタンダード部門」での参加です。

あえてマルイのミリガバがベースになっていますが、あちこち
とカスタムされて、狙いやすく、撃ちやすくなっています。
また、銃を保持するホルスターはレース用ではありませんが、
付属のアダプターを使い、グリップの位置が抜きやすい下側
に来るように工夫がされています。


こちらは私、子連れの装備です。

今までダットサイト(光学サイト)を付けてシューティングをした
事がなかったので、光学サイトも使用可能な「オープン部門」
での参加です。銃の上に乗っている筒の中に、光る赤い「点」
があり、その点をターゲットであるプレートのうえに重ねて撃つと
そこに着弾するので、通常の銃のように、ターゲット、フロント
サイト、リアサイトを重ねる必要がないので素早く狙えます。
なので、この「オープン部門」での参加者がダントツで多いです。

ホルスターも素早く銃が抜けるように、トリガーガードと銃口
のみで保持されています。最新のものでは、トリガーガード
だけで銃を保持できて、しかもロック機能も付いているので、
誤って銃を落としてしまう危険もありません。

このように、ginkakuさんと私では参加する部門が違うのです
が、エントリーする時に、一緒のスクワッド(グループ)での
参加を希望すると、仲間内で同じグループで撃つことが出来
ます。なので初めて参加される方もお仲間と一緒であれば、
安心して楽しく参加できます♪


ちなみに、今回のスクワッドには、

ライターでお馴染みの石井さんや、


カメラマンでお馴染みのtakuさんがご一緒でした。

石井さんや、takuさんにカッコいい写真を撮って頂いたので、
後ほどご紹介したいと思います♪
(石井さん、takuさん、ありがとうございました~♪)

また、同じミリブロのお仲間である、TERUさんも同じ
スクワッドでした。偶然とはいえ、なんだかうれしいですね♪


たとえばですよ、

トップシューターである、マック堺選手(画像の選手です♪)や、
シミズ選手などと同じスクワッドなんかだったりしちゃったら、
私なんてビビッてしまい、オシッコ漏らしちゃいます・・・。

それくらい、トップシューターの方々のスピードは桁違いに
速いのです。
こういった一流の選手のシューティングを間近で見られるのも
大きい大会の醍醐味ですね。


次回からは、実際に撃ったレポなんかを・・・



  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(10)アンリミテッド

2009年07月21日

アンリミ出場GUN

さて、
アンリミテッドのシューティングの模様より、カスタムされ
実際に使用されたGUNの方に興味がある方も多いでしょう。


アンリミテッドを私と共に戦い抜いた相棒を紹介します♪

そう、ベースは、「マルシン キンバーゴールドマッチ」です。


レースGUN用にカスタムされ、原型の面影はほとんどないです。

実銃の「GOLD MATCH TEN Ⅱ」を彷彿させるシルバーの
スライドが特徴です。


まず、目に付くのは、

「ナッシュコンプ」


近々発売になったWAの「ナッシュコンプ/DX」にも負けて
いませ~ん!

こっちはアルミ削り出しだもん!


そして、
レースガンと言えば、ダットサイト。

この時代になんと、懐かしの「コクサイ シャノン」
このダットサイトが使いたかったがために、レースガンを
製作したと言っても過言ではないです。それくらいに今でも
インパクトのあるダットサイトですね。


そのシャノンを支える「マウントベース」は片持ちタイプ。

しかし、マルシンキンバーのフレームには金属シャーシ
内蔵のため、片側だけでも剛性はしっかりとしています。


ダットの見易さやバランスなどに関係なく、

ただ単に、「Kimber」のロゴがばっちり見える位置に
取り付けられています。


素早い解除や、サムレストの役目も果たす、

「ロングスライドストップ」。コイツも他のパーツに合わせた
シルバーをチョイス。


メーカー純正のプラ製を「金属製チャンバー」に。

スライドを引くと、「チャキ~ンっ!」といい音がします。


スライドの引きを容易にする「スライドラッカー」

樹脂製で軽量化によるブローバックの高速化と、
リコイルの削減を実現しました。


マイスターの手彫りによるグリップのチェッカリング。

滑り止めの他にも、インパクトを与える役目があります。


そのグリップには、

素早いマグチェンを可能にするマグウェルを装備。


成績以前に、
練習の時には一切なかった、ジャムなどや、特に、
マガジンの不調で生ガス「ボシュ~!」が連発でした。
使えるマガジンの本数が限られたので苦労しました。
見た目はカッコいいガンでもこれじゃぁ、ねぇ?

画像を見ただけでは分かりませんが、このコンプには
秘密があります。昨年のリミテッドGUNをご存知の方
なら、薄々は気付いていることでしょう。
そう、「子連れコンプシステム」内蔵です。


ずっと夢見ていました、

カート式の銃でシューティングマッチに出場することを・・・

今、夢が実現となりました。


ということで、

今回の主役は銃本体ではなく、このカートです。
一見、ノーマルのカートに見えます、この「カスタムしたカート」
これこそが、今回のレースGUNのキモです。このカート無し
では、マル金をレースGUNとして使おうとは、これっぽっちも
思わなかったでしょう。


詳しいカスタム箇所なんかは、また後日にて。


ではでは~♪


  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(12)アンリミ GUN

2009年07月20日

アンリミ 行ってきましたぁ♪

さてさて、

浅草にある、東京都立産業貿易センター台東館に行って来
ましたよ~(浅草駅から徒歩10分くらい?)

とりあえず、無事に?終了いたしましたぁ~♪

参加者、スタッフの方々、ならびに関係者の皆様、
そして、応援に来て下さった方々、お疲れ様でした、
ありがとうございました。


今回の会場は、浅草です!

間違って、浜松町に行ってしまった人もいたようです。
(ねっ!小さい熊くん♪)


今回は、鴨葱さんがお仕事がお忙しいため、

チームRタイプからは、ginkakuさんと私、子連れの2名での
参加でしたぁ~♪


心細かったですが、撮影&応援に来て下さったryochanさん、
ありがとうございました!


お仕事中なのに、わざわざ来て頂いた、ppkeiさん、
初めまして~、いつもコメントありがとうございます。
差し入れもありがとうございました!


チープガン持参で駆けつけたこたに大将、チープガンも
大活躍だったみたいですね。久し振りにお会いできて
よかったです。


選手としての活躍を見たかったですが、明日の「神谷会」
の準備などでお忙しいのでしょう、神谷さんも午後から
顔をだしていましたよぉ~。

手作りのクッキー、おいしかったですよぉ♪
(今、この記事を書けているので、毒は入ってなかったみたい)
明日は参加出来ませんが、「神谷会」の無事な成功を祈って
おります。


栄光のメダル、

何方が手にするのでしょうか?


賞品も、

充実しています。


同郷なので、

ずっと応援しております、「小隊陸曹」さん、今回練習では
愛銃のグロックの故障が相次ぎましたが、本番ではどう
だったでしょうか。


う~ん、

惜しくもIDPAクラス、第2位でしたぁ。1位のショウジ選手とは
僅か、0.33秒差の違いでした。ああぁ、惜しかったですね~!
(私の応援がたりなかったのしょうか?次回は頑張ります)


とりあえず、無事に終了しましたので簡単ですがご報告でした。
次回からは、レポートなどを・・・。






  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(24)アンリミテッド

2009年07月19日

7月〇日の日記

7月〇日(きんようび) くもり

ぶらっくほーるのことで、わからないことがあったので、

いうらせんせいにでんわしました。

ぐうぜん、おびぃにいさんがきているそうです。

ゆうがたになったので、せんせいのうちにいきました。

つくとすぐに、とんでもないものをみせていただきました。

しんちゅうのぱいそんにぞうさんのきばがついています。

ぐりっぷのそこをみると、もくめがわっかになっていました。

ぞうさんのきばをだいこんのわぎりのようにして、

それをはんぶんにしてつくったみたいです。

こんなにすごいぐりっぷははじめてみました。

おびぃにいさんもあまりのすごさにはなくそをつけるのを

ためらっていました。


きょうのばんごはんです。

おおさかからとどいたというまつたけです。
このじきに?とびっくりです。
やきたてをすだちをかけてたべました。


どようのうなぎのひだそうですが、

こちらはえどまえのあなごです。
あまりのでかさにびっくりです。


おくさまとくせいのつめをぬっていただきます。

1じかんいじょうにたあなごはやわらかく、ほっくほくです。


めたぼ3きょうだいのおにいさんたちもなっとくの、

おにくもありました。


ごはんはちらしずしです。

いろどりもきれいでおはなばたけのようでした。
ちょうどよいしめかげんのこはだもおいしかったです。


「ごほっ、ごほっ!」

おすいもののまつたけが、あまりにおおきくて、
のどにつっかえました。


ぼくのきおくがたしかなら、

でざーとがでてきたのははじめてだとおもいます。
ももとばななのしゃーべっとです。
これもじかせいなんですよね?おくさんてとってもすごい
ひとですよね。こんなすてきなおくさんをおもちのせんせい
がとってもうらやましいです。
ぼくもけっこんしたら、こんなにすてきなおくさんがほしいです。


おやくそくのがぞうです。

おびぃにいさんはおくにのためにがんばっておつかれのようです。
いつもぼくたちをまもってくれてありがとうございます。
にぃさんはぼくたちのひーろーです!

てぃーさんのでんせつをくすがえそうと、どいつのてっぽうの
いらいをせんせいにしていたのは、ないしょです。

 
 おしまい



さぁさぁ、

本日は「アンリミテッド」ですよぉ~♪

場所は東京都立産業貿易センター台東館です。 
(浅草駅から徒歩10分)

同じ会場で、誰でも気軽に参加出来る、楽しいシューティング
イベント「COOL STYLE TOY4」が開催中ですので、皆さん
ぜひ遊びに来て下さいね~♪
会場で見かけたら、お気軽にお声かけ下さ~い。

ではでは、行ってきま~す!



  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(10)割烹 いうら

2009年07月18日

スクリムシャンダーへの道 16

墨入れするには、筆ペンが使いやすく、簡単です。

100円ショップでも売ってますし、種類もたくさんありますね。


どれでもいい訳ではなく、

選ぶ基準があります。

滑らかなタッチの筆先ぃ~!

・・・は、重要ではありません。


ペンに含まれるインクには、

ただのインク、染料、顔料、などいろいろありますが、その
なかでも「顔料」が主成分の筆ペンを選びます。
それは、この顔料が針の穴に入り込み、ふき取ったあとにも、
その顔料が残ることで、模様が浮き出てくるからなんですね~♪


さぁさぁ、
明日は、「アンリミテッド」&「COOL STYLE TOY4」ですよ~。

さまざまなトイガンの楽しみ方を味わうことができるイベントが
もりだくさん!です!

主催:JTSA(日本トイガン射撃振興会)

日時:7月19日 10:00~(アンリミテッド出場者は、9時受付開始)

場所:東京都立産業貿易センター台東館 (浅草駅から徒歩10分)


以下、「COOL STYLE TOY4」でのイベントです。

現在、決定しているのは…

■体験ブース
・ATPF=アクションシューティング
・IAPS プラクティカル=プラクティカル・シューティング
・IAPS ピン=ピン・シューティング
・Wing-Cup=プラクティス・シューティング
・JCAST=カウボーイ・シューティング
・COS=ミリタリィ・シューティング
・ミニクレイby戦民思想=クレイ・シューティング
・加賀電子=シミュレーション・シューティング
・TANIO-KOBA=モデルガン・シューティング
(決定順・敬称略)

■ショップ・ブース
・C-MORE
・Web-Shop G.W.A.
・Paraberam
・DJANGO
・Hartford
・LEM-Supply
・Various-Technics
・Kit-Boy
・青山商事
・SAT Magazine
(決定順・敬称略)

で~す。

色んなコースでシューティングが楽しめるイベントとなっております。
会場でトイガンの貸し出しもありますので、手ぶらでふらっ~と、
遊びに来てもOKです♪
もちろん、ふだん弄っている銃やカスタムされたGUNを持ち込んでの
シューティングも楽しめますよ~。
ぜひ、皆さん遊びに来て下さいね~♪
  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(6)スクリムショウ

2009年07月17日

ブリーチ組み込み その2

スライドの内側には、

画像のような溝(切り欠き)があります。


そこに、

こちらの銅製のパーツがはまります。
これは、ブリーチを押さえる、板バネの役割をしています。


このようにとりつけて、

ブリーチを上からハメると、


ブリーチが固定できます。

スライドがプラ製でない真鍮なので、プラの弾性でブリーチの
固定が出来ないからですね。
しかし、これで固定は出来ているのですが、微妙に、ブリーチ
が前後に動いてしまいます。別に作動には問題ないのですが
ちょっと気になったので、次回、解決策を・・・。
  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(0)コルト・ダイアナ

2009年07月16日

ブリーチ組み込み

という訳で、

シルバーのブリーチを用意しましたぁ。


それを、

ブリーチの後部の出っ張りを、このように加工して削ります。


サ〇コーさんの話ですと、

こっちの出っ張りを全部削ってしまうそうで、その方が
簡単なのですが、あえて、メンドクサイ加工をしており
ます。訳はまた後日に。


ファイアリングピンにあたる部分は、

ペーパーがけして徹底的に磨いて、コンパウンドで、
ピカピカに仕上げました~。どうですかこの輝き♪


ブリーチ後部を削ったので、

ちゃんとスライド内に収まります。


後ろから見た画も様になっていますね~。

シルバーで違和感がないですし、ファイアリングピンが、
ピッカピカ!
  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(2)コルト・ダイアナ

2009年07月15日

スライドの裏側

スライドの裏側はこのようになっています。

WA純正でしたら、プラの弾性でもってブリーチをハメるの
ですが、


素材が真鍮ですからそういう訳にはいきません。

そのままではブリーチが入りません。


この出っ張りが邪魔で入らないのですね。

ここを削らないといけません。


しかし、
作業に入る前に、ふと思いました。

パーツ用に預かったのは、シリーズ70のカーボンブラック
なので、当然ブリーチも黒いものです。

しかしですね、全体が真鍮のゴールドで、しかもアチコチに
美しいシルバーのインレイが施されている銃ですよ、この
ブリーチだけ「黒」っていうのはどうかなぁ?と思ったんです。
組むと、スライドの後ろから黒い部分が見えてしまいますし
せっかくゴールド&シルバーで統一されているのにカッコ
悪く見えてしまいます。

これだけの銃ですから私も持てる技術とパーツをもって、
この銃を仕上げたいと、心に決めました。
なので、自分のWAパーツの在庫、もしくはすでに組んで
あるモデルからの移植を総動員して、組み上げたいと
思います。

とりあえずは、シルバーのブリーチを用意し、次回から
組み込みで~す♪


  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(2)コルト・ダイアナ

2009年07月14日

練習会

さあさあ、
先週も、アソビットさんにて、アンリミに向けての練習会を
行いました。

(画像提供、ryochanさん ありがとうございま~す!)

一応、それらしく本番のコースのようにプレートをセッティング
してのシューティング練習でした。
リズムに乗っている時はいいのですが、初弾を外すと焦って
しまい、なかなかうまくいきません。安定したシューティング
というのは、難しいですね。


今回はお仕事が忙しく、チームRタイプのginkakuさんと鴨葱
さんは、参加できませんでした・・・。

なので、エングレ倶楽部での練習会となりました。
だからって、わけではないのですが、ryochanさんが持ち
込んだ、マルゼンイングラムのフルオートでのシューティング
です♪

これが思いのほか楽しい!10mでもよく当たりますし、
かなりマガジンが冷たくなりますが、全弾最後まで完全に
撃ちきれるのはいいですね。
リアルさからはちょっと離れているマルゼンではありますが、
シンプルなメカのおかげでしょうか、とても撃って楽しい
おもちゃだと思います♪


なのに、

フルオートのみでのシューティングを、タイマーを計って
やりましたぁ。これがまた、楽しいのなんのって!
(SEIJIさんのシューティングです♪)


しかし、

セミオートで撃つ時より難しいかもしれません、楽しいけど。
アンリミの練習よりも、コッチの方が盛り上がったのは、
ナイショですよぉ~。

こんなんで本番大丈夫かなぁ?

  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(7)練習会

2009年07月13日

スライド&フレームすり合わせ

さてさて、
井浦先生の彫刻が終わり、PRIME真鍮にWAの内部パーツ
を組むべく、私のところに真鍮ガバがやってきました。
さぁ~て、私にとって初めての金属モデルのガバメントですし、
しかも、今回、組み立てに必要な時間がとっても限られてい
ました。

と言うのは、この日、TさんのHPの10万ヒットをお祝いすべく、
Tさん宅のホワイトハウスに、エングレ倶楽部の皆さんや、
マルマー二党の皆さんが集まることになっていたので、ぜひ、
皆さんにもこの素晴らしい作品を「生」で見て、触って頂きたい
なぁ、と思ったからです。

この集まりの5日前です、
井浦先生から、彫刻が終わったとご連絡を頂いたのは。
エングレーブが施されたPRIME真鍮と、新品のWAガバ
1丁をその日のうちに引き取りに伺いました。

組み立て&調整が終わったら、最後の仕上げとして墨入れが
ありますので、完成したらまた先生のところに持っていかなけ
ればなりません。

と、なると時間を計算すると、
納期はたったの3日しかありません!

もちろん、平日なので仕事があり、カミさんが遅番とかだと、
仕事終わったあと、子供を迎えに行って、夕飯作って食べて、
風呂入れてなど、など・・・、どうしても作業開始は夜の9時以降
になってしまいます。そして、早い日だと、朝の6時半には仕事
に出かけたりします・・・。


ここから私の長~くて、濃い、3日間が始まったのでした・・・。


さぁさぁ、
ではいきますよぉ~♪

いやぁ~、あらためて、この彫刻の素晴らしさに心奪われます♪

「はっ!」
いかん、いかん、うっとりと、見とれている場合ではありません。
スライドとフレームのすり合わせをまずしないといけないのでした。
と、言うのは、通常の製品状態でしたら、フレームにスライドを
組むと、そんなに抵抗なく、スライドが動くのですが、スライド、
フレーム共に、彫刻が施してあることによって、目には見えない
のですが、どちらも内側にたわんでいるのです。井浦先生は
タガネでスライドやフレームを削る時、スペーサーのような物を
隙間に挟んで作業をなさっていましたが、それでもたわみを
完全に無くすことは出来ません。
なので、全ての彫刻が終わったあと、クサビのようなものを
自作し、スライドに挟めて少しでもスライドが広がるように
なさっていましたよぉ~。


ここですね、

目には見えないのですが、タガネをハンマーで叩いたりする
と、少しづつスライドが内側に押されて、たわんでくるのです。
実際にですね、エングレがされたスライドをフレームに組んで
ですね前後に動かすと、途中で引っ掛かって、動かなくなって
しまいます。まぁ、無理に引っ張れば、なんとか動くのですが、
そのキツサと言ったら、とてもガスブローバックの力ではまとも
に動かないでしょうねぇ。


なので、キツクなっているところを削ったりして薄くして、スライド
の動きを滑らかにしないといけないのですね。

はじめは、ここを削らなくちゃいけないのかなぁ、なんて思って
いたのですが、スライドの前後を逆にしてフレームに組んで、
「スコスコ」、「シャカシャカ」動かしていらた、どうやらキツイのは
ここじゃ、ないみたい・・・?


そうなんです、

スライドのここのガタ取りの出っ張りがキツサの原因でした。


一方、上のスライドの出っ張りにあたる部分はフレーム側の
ここになりますね。

ここにも彫刻が施されているので、内側にたわんでいたの
ですね。なので、きつくてスライドの動きが悪くなっていました。
と言う訳で、フレームの内側を慎重に研磨します。ABSや
HWなどの「プラ」と違うので、削りすぎたので、パテで盛る、
という事が出来ません。削りすぎちゃったら、アウトです。
それが真鍮の怖さです。(マジ、初めはビビりながらの作業
でしたぁ~!)


ですから、

「削る」、というよりは、「磨く」という感じですねぇ。
2000番くらいのペーパーで撫でるようにして擦っては、
スライドを組んでみて、削り過ぎてガタがないかどうか
チェックしました。スライドをガシャガシャ動かしていると、
アタリも出てくるので、それも踏まえて、ちょっとキツメで
やめておきます。あとは表面を綺麗に、4000番で仕上げ
ました。

ふぅ~、
なんとかスライドとフレームのすり合わせはうまくいきました。

しかし、

まだ1つもパーツ組んでいないのに、初めからこれで、
俺、この先大丈夫かぁ?


続く・・・




  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(0)コルト・ダイアナ

2009年07月12日

今日はナイフの日♪

え~、
誠に勝手ではございますが、本日7月12日を「ナイフの日」と
いたしました。

あ~、
ベタですが、7(ナ)12(イフ)、って事ね♪
(だから、UPの時間もこんな時間です~)


と思ったら、
遥か10年前に、私よりも7月12日を「ナイフの日」と
制定した方達がいました・・・。

「少年ナイフ」というガールズバンドがあるのですが、
バンド名から、7月12日に、イベントか何かをやっているそうです。

と、いう訳でありまして、私の所有のナイフをご紹介していきたい
と思います。
ほんとはですね、昨年のこの時期にUPしようと思っていたので
すが、昨年は秋葉原でナイフを使った痛ましい事件がありました
ので、自粛しました・・・。


被害で亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます・・・



さてさて、
ではいきますよぉ~♪

まずは、ほとんどの方が一度は手にしたことがあろうかと
思われる、「ビクトリノックス」の製品です。
暑い夏らしく、スケルトンモデルをご用意しました~。


ビクトリノックスで一番コンパクトなシリーズ、

ミニ 58mmシリーズから、


「クラシック」です。

機能も少ないです。


一番重宝するのは、

やっぱりこのコンパクトなハサミですね♪


スケルトンモデルなので、

内部のスプリングの動きなんかも見えて楽しいです♪
メーカー純正ではなく、カスタム品です。純正では、
クリアーブルーと、クリアーレッドがあるのですが、
インナーシャーシ?があり、内部までは見えません。


スリーブとかが無くって、直接アクリル樹脂のグリップを、

かしめているので、可動させると負荷がかかって、ピン
のところにヒビが入り、割れてきましたぁ~!
(シクシク・・・)


一応、スペックなども載せておきますね♪

クラシック (スケルトン)

グリップ長 58mm 

ブレード長 33mm 

刃材 ステンレス 

ブレード形状 ペンブレード

ブリップ アクリル樹脂
  


Posted by 子連れ狼  at 07:12Comments(6)ナイフ

< 2009年07>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
プロフィール
子連れ狼
子連れ狼
オーナーへメッセージ