2010年02月28日

ミリタリー

さて、

今回は、私の所有するナイフのなかでも一番の切れ味を持つ、

ナイフをご紹介します。

「ミリタリー」というモデルなのですが、スパイダルコと
ナイフデザイナー、バーブタゾーラによって誕生したモデルが
もとになっています。


裏側。

スパイダルコのモデルには欠かせないクリップ付きです。


それでは、

ブレードを開いていきましょう。


このモデルも、

引っ掛かりや、抵抗がなく、


スムーズに、

ブレードが開きます。


グリップも大きめで、

手の大きなアメリカ人にもピッタリ?


ちょうど、

刃の根元あたりに、ヒルトっぽい出っ張りがあるので、
グリップを握った時に、手が刃の方に行かないような
作りになっています。


このブレードが凄いんです!

もっの凄っい切れ味です。(怖いくらい)素材見ると、
440Vってあるから、なんでしょうね?「V」と言えば
「バナジウム」でしょうか?

この通常のブレードの他に、刃の半分がノコギリ状
になっているモデルもあります。


このモデルはステンレスの地そのままですが、

アメリカ軍に採用されているモデルはブレードが黒く表面処理
されています。



このモデルもライナーロックですね。

操作しやすいように、


ロックのプレートにギザギザがあり、

滑りにくくなっています。


ハンドル材は、

銃のグリップにも使われている、G10です。

そして、このモデルの特徴として、画像にもあるように、
六角ネジを外す事によって、全てのパーツをバラバラに
分解出来るようになっています。

やっぱりミリタリーモデルなので、通常分解とかあるので
しょうかね?
ちなみに、六角ネジの規格は、アメリカのインチ規格なので、
普通の六角レンチは使えません・・・


☆スペック☆

ミリタリー (スパイダルコ)

全長    240mm

ブレード長 92mm

刃材    440V

ブレード形状  フラットグラインド

ハンドル材   G-10
  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(2)ナイフ

2010年02月27日

ラブレス・オマン◯ーへの道 6(ハンマー)

シアーがステンレス製なので、

ハンマーもバックアップ製のステンレス製に。

コックが軽いのに、キレがある。
(ビールのCMじゃないんだから・・・)


サイドも、

スライドと触れないように、薄く削ってあったり、リングの穴も
おしゃれ~な感じで、私の好きなハンマーです♪


シルバーのハンマーに合わせて、

ストラットもシルバーに。


そのままだとガタがあるので、

ワッシャーを挟んで、ガタを少なくしました。


フレームに組むと、

こんな感じで~す♪

  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(2)ラブレス・オマン◯ー

2010年02月26日

ラブレス・オマン◯ーへの道 5(トリガー)

トリガーは、

WAオフィサーズのフレームは、トリガーの高さのサイズが、
リアルサイズのワイドなタイプなので、PDIのこちらのカスタム
トリガーを使用しました。
HP見たら、3ホールのトリガーと共に、痕跡がありません・・・
廃盤になったのかしら?PDIのトリガーは、安くても作りが
いいので重宝していたのですが。残念です。

(※WA純正オフィサーズトリガーとの違いはコチラ♪)


見た目はシンプルですが、

滑り止めのグルーブもありますし、トリガーの遊びを調整する
イモねじも付いているので、機能的であります。


おなじみの、新百合カスタムワークス(旧世田谷CW)製、

これいいWA」で、トリガーストロークも少なく調整してあります。


このように、

先にトリガーを組んでから、


それから、

よっこらしょと、上から、


インナーシャーシをはめ込みます。

先にシャーシ組んじゃうと、トリガー入らなくなるので、
初期のRタイプは面倒なのですね・・・


  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(0)ラブレス・オマン◯ー

2010年02月25日

ラブレス・オマン◯ーへの道 4(シアー&ディスコネ)

さてさて、

シアー&ディスコネなのですが、

こちらのKMのカスタムパーツを使用します。
初期のRタイプメカにしか使えないので、
やっと出番到来です♪


ステンレス製で、

WA純正の亜鉛パーツと比べると作りもよく、
トリガーの切れも期待できそうです。


シアー。

やっぱり、NCマシンから削り出されるパーツは違いますね。


ディスコネ。

バリもないので、動きがスムーズになるハズです。


組むとこんな感じです。

初期のRタイプは、


通常のRタイプと違い、

先にシアーやディスコネを組んじゃいます。
画像に見える、真鍮製のスリーブでとりあえず固定されて
います。


こんな感じですね。

いいじゃん、いいじゃん、ステンレスパーツ♪


さて、このように、

インナーシャーシのパーツを全て組んでから、フレームに
取り付けるのですが、その前にやることがあります。


続く・・・

  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(2)ラブレス・オマン◯ー

2010年02月24日

ラブレス・オマン◯ーへの道 3(インナーシャーシ)

さてさて、

オフィサーズのシルバーフレームに組むべく、

こちらのインナーシャーシや、パーツ類を用意しました。


実はこのパーツ、

ブラックホールの打ち上げの時、フミンスキーさんから、
超格安で譲って頂いた、ウィルソンからのパーツ取りです。
フミ様からも、「コヅぅのガバのカスタムの役に立つのなら・・・」
とのお言葉も頂戴しておりましたので、
さっそく使わせて頂きました。(ありがとうございます!!)


このウィルソンなのですが、

最近のハイスペックメカのSCWどころか、旧Rタイプメカでも
初期の造りのモデルであります。
(ディスコネ・ガイドの形状が違うので分かりますかね?)


しかし、


しかし!

この初期のRタイプメカこそ、私が求めていたものなのであり
ます!画像の通常よりも長い、「ロング・ファイアリングピン」
これこそ、私が愛用し、求めているパーツです。
このパーツが欲しかったがために、フミ様から譲って頂いた
時はうれしかったですねぇ~。


今回、Tさんのラブレス・コマンダーのスライドを乗せて動かす
には、通常のRタイプメカのフレームでは、作動しません。
と言うのは、ハイスペック(SCW)のブリーチにハンマーが
当たって、ファイアリングピンまで届かないからなんです。

ピンを叩けなければ、マガジンのバルブを開放できないので、
作動はしません。
なので、ハイスペックスライドを、Rタイプのフレームで動かす
には、このロングピンが欠かせないのであります。
(※詳しくは、こちらのロングピンの記事をご覧下さい♪)


さて、

インナーシャーシが、初期タイプであるために、フレームへの
取り付けもちょっと違うんですね~


続く・・・
  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(0)ラブレス・オマン◯ー

2010年02月23日

ラブレス・オマン◯ーへの道 2(フレーム)

ラブレス・オマン◯ーへの道ですが、

私の頭のなかでは、Tさん所有のWA純正の
ラブレス・コマンダーのスライドを乗せる事を
前提として考えていましたので、

洗練されたカスタムナイフのような美しさ、
鋭いエッジを持つナイフの切れ味、(トイガンでは
トリガーの切れ)を再現したいなぁ~と
思いました。


なので、

フレームをシルバーにして、ハーフシルバーモデル
で行こうと。


用意したのは、

WAのオフィサーズのシルバーのフレーム(ABS)。


刻印も、

コルトだし、スライドとの相性もいいんじゃないかと・・・


  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(0)ラブレス・オマン◯ー

2010年02月22日

ラブレス・オマン◯ーへの道

さてさて、

私に、

こんなグリップを作らせたのも、


全ては、

コイツが原因です。
いくらハンドメイド部分が多いからと言って、ハンドガンで
4マソ超えって、あ~た、小庶民の私にはとってもムリ
でした・・・
ジェフ・クーパーモデルが出た時も思いましたが、こんな
マイナーな機種がメーカーから出てしまうなんて凄い
時代になったもんですねぇ。

なので、

なので、

WA製品は買えないけど、
自分でなんとか作れないかなぁ~?
と考えて、

しかも、
同じもの作ったんでは、メーカーにはとっても
叶わないので、

とりあえず、

家にある、

オフィサーズのフレームに、

コマンダーのスライドを乗っけてみたら、
なんとな~く、ソレっぽい雰囲気になりました。

い~じゃん、い~じゃん!

これで、スライドとかハンマーとか、ハウジング
シコシコしちゃえば、OKじゃ~ん!

・・・、

しかし、ふと我にかえった。

あじゃさんじゃないし、そんなカスタム、ムリ~!

なので、ラブレス・コマンダーの形状を再現することなく、

ネタに走ることにしましたぁ。

オフィサーズの、「オ」と、
コマンダーをくっつけて、「オマンダー!」(爆)
さすが、爽やかエロに相応しいネーミングだと自画自賛
(どこが!)


そんな訳で、

Tさん宅の自慢大会に持ち込んだ、
ラブレス・オマン◯ーへの道のはじまりです・・・
  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(8)ラブレス・オマン◯ー

2010年02月21日

マイケル・ウォーカー

さてさて、

ナイフと言えば、
そういえば、
まだUPしていない記事を見つけました(笑)

今回は、

私の一番のお気に入りのナイフをご紹介します♪

スパイダルコのカスタムナイフです。


スパイダルコが、有名なカスタムナイフデザイナー、

マイケル・ウォーカーに造らせたカスタムナイフです。
青いパーツは、全てチタニウムで出来ていて、熱処理で
ブルーになっています。


クリップのところにあるように、

スイスメイドのモデルです。


波打つような、

ウォーターカーボンの模様が美しいです。


ブレイドに設けられた小さなくぼみに、

ボールベアリングが食い込み、ブレードが閉じた状態を
保つように製作されています。


それではブレードを開いてみましょう。

スパイダルコの特許であり、他のメーカーが真似すること
の出来ない、サムホールに親指を入れて、


ブレードを開いていきます。

ロックのテンションもベアリングのおかげで、


接地面積が少なく、

スムーズなアクションです。


抵抗なく、

「スゥ~」っとブレイドが開いていき、


開ききると、

ロックされます。


あぁ、

この美しいラインと言ったら、タマリマセ~ん♪


ブレードには、

メーカー、素材、シリアルナンバーなどの刻印があります。


このロックシステムこそが、

マイケル・ウォーカーによって作り出された「ライナーロック」
システムです。
今ある、全てのこのようなタイプのフォールディングナイフは、
このシステムの亜流です。

銃の世界で言うと、今あるボルトアクションのシステムが、
モーゼル98の「モーゼルアクション」の亜流であるような
感じと言えばいいでしょうか?


開くときも、

閉じる時も、


すべて片手で操作できるのが、

このシステムの特徴です。


サムホールの部分を、

このように持って、


「えいっ!」

っと、ナイフを振ると、


ブレードを開くこともできます。

ちゃんとロックもかかるので、安全です。


収納用に、

こんなカワいいケースに入っていましたぁ。


☆スペック☆

 スイスメイド

 全長    140mm

 ブレード長  64mm 

 刃材      ATS-34 

 ブレード形状 ドロップポイント (ホローグラインド)
 
 グリップ材  カーボンファイバー



  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(4)ナイフ

2010年02月20日

スクリムシャンダーへの道 27

こちらが、

ラブレス・グリップの反対側、後姿になります。


コチラ側の方が後に彫ったので、

慣れてきたのか、大胆に太めの線になっています。


腰のくびれと豊かなヒップのラインがたまりませんなぁ~。

ヴィーナスのえくぼ(腰眼)も再現。


おしりフェチ、あしフェチの皆さん、

いかがでしょうか?


さてさて、

もうバレンタインデーも過ぎ、だいぶ落ち着きましたが、
仲 里依紗チャンのイベントのあとに、井浦先生のお宅に
行ってきました。

依頼していた作品が出来上がったそうです♪
(でも、まだ未完成なのでUPは出来ませんが・・・)

先生の家に行って、なにが凄いかって言えば、
他の方のオーダーしている作品が見れる事です!

とある方のエングレは完成しておりました。
あとは、ナイフを数本彫るだけだそうです。

そしてまた、ある方のバックルも出来上がって
おりました。

そして、そして!
井浦先生の寿命を縮めると言われている、
長~いバレルの銃もありましたぁ♪
(アリャ、凄いです!月に10日しか作業出来ない、
って言うのもわかります)

実際に完成品であれ、作業中のものであれ、
目の前で見せて頂くと、色んな意味で刺激されたり、
新しいアイデアとかも出てきますね~。


帰りに奥様から、

バレンタインのチョコを頂きましたぁ~♪
ありがとうございます!
実は、今年貰ったチョコは、この1個だけだったりします・・・


そして、

先生からのお仕事の依頼も頂きました。
「マギー」も、「ラブレス」も、この作品のための
練習にしか他なりません。

こんな凄っいブツ、見たことありません・・・
ほんとに、私が彫っていいのでしょうか?
プレッシャーを感じつつも、依頼人の方に
喜んで頂けるよう、精一杯やらせて頂きます!


あ、

ちなみに、うちの子は保育園の女の子5人から
チョコもらっていました。そのうちの一人の子は、
お休みの日曜日(バレンタイン当日!)に、わざわざ
うちの近くまで来てくれて、チョコをくれたそうです。

くぅ~!

息子よ、お前には敵わんゼ・・・  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(2)スクリムショウ

2010年02月19日

スクリムシャンダーへの道 26

こちらが、

ラブレス・グリップの完成品です♪


人物の微妙なラインもそうですが、

スクリムショウで、文字を彫るのも結構大変です。


人生初の、

ヌゥ~ドォォォォ~!!


顔は難しいですね。

やり過ぎると、とりかえしがつかないので、軽~くで
やめてあります。細かいところでは、ちゃんとチクビが
立体的に見えるようにと、


おまたの、

切れ込みも再現しております♪


次回は、反対側(後姿)で~す♪


  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(5)スクリムショウ

2010年02月18日

スクリムシャンダーへの道 25

さてさて、

『マギー』で調子付いた私は、Tさん宅の自慢大会に
持って行くべく、こちらのスクリムショウもやってしまい
ましたぁ~♪

そうです、「ラブレス・ナイフ」のトレードマークとなっている、
あのヌードマークです。


初めて、人物を彫りますし、

しかも、ヌード。うまく彫れるか自信がありません・・・。


なので、恐る恐る、やりましたよぉ~。

どうでしょうかね?


おっ!

一応、ちゃんと彫れてるっぽいですね♪


  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(4)スクリムショウ

2010年02月17日

スクリムシャンダーへの道 24

さてさて、

墨入れをしていくのですが、

これは何度か墨入れ、また針を打って、墨入れを繰り返した
あとの画像ですが、


完成品と1回だけの墨入れでは、

こんなに違います。

なんども、何度も繰り返して、初めてちゃんとした画になります。


ちなみに、

とんかちグリップと比べると、こんな感じ。
線が細いのが分かりますでしょうか?

あとは、テレビの画面で、『俺がハマーだ!』の
オープニングの精子、じゃなくって、静止画像を見ながら、
より写実的にしていきます。


出来上がったら、

金色で目立ってしまう、真鍮製のナット部分をブルーイング。


簡単な、

キャロムのガンブルーペンを使用します。


完成~♪

どうでしょうかね?


ベースのグリップよりも、

アップグレードされていますかね?




  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(8)スクリムショウ

2010年02月16日

スクリムシャンダーへの道 23

さてさて、

一通り針を打ち終わり、

下絵の紙を剥がします。
この時が一番緊張しますね。(うまく出来てるかなぁ~?って)


「うっ!」


なんじゃコリャ?

象牙の時は、針を打つと、打ったところが綺麗に穴が開き、
その部分が凹むので、見た目はちょっと黒っぽく見える
のですが、なんでしょう?樹脂だからか、なんなのか、白く
なっています・・・


ルーペで穴を拡大して見たら、

確かに穴は開いています。しかし、象牙のような切り口?の
すっきりした綺麗な穴ではなくて、クレーターのように表面が
盛り上がったような穴になっています。
その盛り上がって、穴の縁に飛び出た部分が、白っぽく見え
ているようです。


下紙見ると、

ちゃんと1突き1突き、ツンツンしているのが分かると思います。

この後は、墨を入れていきますよぉ~♪  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(2)スクリムショウ

2010年02月15日

バレンタインは好きな人と♡

さあさぁ、

皆さぁ~ん、

昨日は何の日でした~?

そうです、バレンタインの日ですね♪
聖なる日は、やっぱり好きな人と過したいですよね~。

私?

私の好きな人と言ったら、
やっぱり、仲 里依紗チャン。

新作映画のキャッチコピーは、「あなたに、会いにいく」。


はいはぁ~い、
私も仲 里依紗チャンに会いに行きますよぉ~。
待っててね~♪

と、

いう訳で、


渋谷で、14:00頃から待ち合わせ♪

指定された場所は、ハチ公広場のすぐ前にある、
TSUTAYAです。

はぁ~、

初めて会うので、ドキドキします・・・

なんて、お話したらいいんでしょう。

こう見えて、

ほんとに好きな人の前ではうまくお話出来ません。


コイツ、なに寝ぼけてるんだ?
と思ったアナタ!
ほんとに、本人と会って来たんだからね~♪


イベントでですけどね(笑)

映画の写真集のサイン本手渡し会です。


彼女、

4年前、細田 守監督のアニメ版で、
声優として主演しておりました。


当時のインタビュー時の画像です♪

う~ん、なんだか初々しいですなぁ。


そして、

もし、実写化することがあったら、いつか自分がやりたいなと、

思っていたそうです。
遂に、念願かないましたねっ!おめでとうございます!!


本日は、

こんな格好の服装でしたぁ。 
(画像 Ⓒシネマトゥデイ)


そして、

こちらのフォトブックを手渡しで頂きました~。


やっぱ、生でみても、めっちゃカワイイっ~♪
一言、二言くらいしか、お話出来ませんでしたが、
あたしゃ、満足です。


こちらが、

彼女のサインですね。


他にも、

販促のチラシや、試写会のご招待状も頂きました。


こんなものも。

やっぱり、「時をかける少女」と言えば、ラベンダーでしょ。


今日は、この香りと共に、いい夢が見れそうだなぁ・・・

  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(8)秘密の部屋

2010年02月14日

スクリムシャンダーへの道 22

さて、

なにをやっているんでしょうか?

しかも、こんな暗い夜にひとりで・・・


シコシコ?

いえ、違います!


だって、

人前じゃ恥ずかしいんだモン。


じゃなくって、


静かに集中しないとうまく出来ないので、

カミさん、子供が寝た後に作業していたのでした。


あじゃさんがシコシコなら、私はツンツンですかね?


こんな感じで作業するので、

とぉ~っても集中力が必要です。目も手も疲れちゃうので、
ぶっ続けの作業も出来ません。


トイガンのカスタムなら夢中になると何時間でもやっちゃう
のですが、こればっかりは少しずつでないとうまく仕上がり
ませんね。

まぁ、手作業のなで仕方がないでしょうね。

そして、

ツンツンしながら、「おっぱいもツンツンしたいなぁ~」なんて
不埒なことは、考えもしません!(この時ばかりは・・・)
それくらい集中してやっておりますのよ♪



  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(6)スクリムショウ

2010年02月13日

上矢会 Vol.3 (結果発表)

はぁ~い♪

それでは『上矢会 Vol.3』(第一部)の結果発表でありますよ。

いつもながら、豪華な景品であります。


1位の方は、

nakitaさん提供の、紙に包まれたアヤシイ銃をゲットです。
う~ん、結局、中身はなんだったんでしょう?今でも気になり
ます・・・


ryochanさんが2位でありましたぁ~♪

ダットなしのジャケットドローからのタクティカルシューティング
でも、結果を出すのはさすが!であります。
選んだものは、上矢さんの同人誌ですね~。


keiさんは、

長物用?のガンケースですね。一体何を入れるんでしょうか?
気になります・・・。


SEIJIさんは、

SD系のガンプラの詰め合わせ?をゲット。
しかし、袋の下の方に銀ダンが入っており、
あ~、いいな、いいなぁ~って、思いました。


よしむねさんは、

COLTのマイナスドライバー付きのキーホルダーですね。
私も同じの持ってます♪
ワ~イ!同志、同志♪


私はと言うと・・・、

takuさんと一緒になって、「ガンプラは?」と物色中。
ガンプラだと、家に帰って子供と一緒に遊べるので、
うれしいのです。
(ただ単に、ガンヲタ、とも言う・・・)


どうやら、

まだ放送されていない、角の生えたガンダムらしいです・・・。


家に帰って袋開けてみたら、

やっぱりそうでしたぁ♪


いやいやぁ~、皆さん、お疲れ様でしたぁ♪

いつ参加しても、ワキアイアイとして、楽しいシューティング
イベントでありますね。
皆さんの笑顔がそれを物語っています。

次回はどんなネタ銃を仕込んでいくかも、楽しみのひとつ
ですね♪


あ、

あと、ちょっとお知らせです♪

上矢さんが、APSカップに出れそうもないので、
使う予定だったマルゼンの、「CA870 チャージャー」
の引き取り手を募集しておりましたぁ♪

何方か、新しいオーナーになりませんでしょうか?
今なら、ゆいたんのサイン付き&チャージャーを、
胸の谷間で挟んであげるサービス付きです♪
(コレホント↑ゆいたん本人が自分で言ってたぉ)

興味ある方は、上矢さんに連絡してみて下さい。

※現時点で、もうドナドナしていましている可能性
 もありますので、ご了承下さいませ。



  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(6)上矢会vol.3

2010年02月12日

上矢会 Vol.3 (ゆいたんが撃つ!)

はいは~い、

それでは、ゆいたんが撃ちますよぉ~♪

ハンデとして、2丁拳銃で撃ってくれるのか?


おおっ~、

後姿は、まさにレヴィの日本仕様ですね。


マンターゲットをブロックしている、

障害物をクリア出来るか?


プレート撃ちは、

やっぱり早いですね♪


それでは、
動画
でどうぞ~♪



takuさんの動画は、
コチラ
です♪


  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(0)上矢会vol.3

2010年02月11日

上矢会 Vol.3 (チームRタイプが撃つ!)

さてさて、

『上矢会 Vol.3』実射編です♪

え~、

「チームRタイプ」の皆さんのシューティングでありますが、
撃った順番にご紹介です♪


まずは、ベテランシューターkeiさんであります。

「ん?」

なんか、スッゲーかっちょいいグリップが付いているん
ですけど・・・
黒檀にニシキヘビ?しかも座ぐって面いちですって?
超かっこいいっつ~の!
(モデル工房Sさん作のグリップだそうです)

銃のシャンパンゴールドの色合いともマッチしていますね~♪


さすが!、

安定した射撃であります。


お次は、

SEIJIさん。

あれ?

SEIJIさんの持っている銃ってば、


今回のマッチ当日に来たばかりの、

チキチキバンバン、じゃなくって、


マイアミTiKiじゃぁ、ありませんか!

この金属製のハイブリッドバレルがいいんですよね~。

見た目だけではなく、「カキン、カキ~ン!」と派手な
ブローバック音と共に、リコイルも「ガツン!」と来ます!
これは、久々にV10以来の、聞いてよし、撃ってよしの
銃であります~♪


ホルスターからのドローかと思ったら、

SEIJIさん自作の携帯ホルスターでした♪


んで、私ですが、

ガバではなく、リボですリボ!
(しかも、ショルダーホルスターからのドローです)


先日のTさん宅自慢大会に持ち込んだ、タナカのM629です。

「チームトリガーハッピー」のnakitaさんの参加銃、
クリントワンと記念撮影です♪

やっぱりシルバーメッキのでかいマグナムが2丁並ぶと
迫力がありますねぇ。


普段ガバで撃ちなれていると、

リボルバーのダブルアクションは重いですねぇ。
でも、S&WのNフレームですから、動きはいい方なんですが。

とりあえず、
鬼ホップ改良のため、HOPパッキンは、マルイのパイソンの
Vパッキンを使用しています。
なので、0.25gの弾を使えば、左右のバラつきはなく、
7mくらいまでは弾の浮き上がりもなく、スゥ~と真っ直ぐに
狙った所に当たります♪

そして、
naoさんから伝授した、ペガサスリボマル秘カスタムの
シリンダーのスムース回転加工によって滑らかなシリンダー
の回転を確保♪

リボルバーで撃ち慣れていないのと、表面ピカピカ
ツルツルのアイボリーグリップで、滑りやすかったのですが、
なんとか普通には撃てました。(ホッ)


そして、チームRタイプのエースryochanさんです。

この華麗なるジャケットドローを見よ!
(う~ん、カッコイイわぁ~)


抜いてしまえば、

ryochanさんですから、確実に当てていきます。


そして、

あらたにチームのメンバーとして加わって下さった、
よしむねさんでありま~す。

KSC特有のマガジンフルロードでの不良がありましたが、
仕切りなおしてからは、バシバシと撃っていましたよ~。


う~ん、

うしろすがたもカッコいいぜ!


次回はゆいたんの実射です♪

  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(12)上矢会vol.3

2010年02月10日

上矢会 Vol.3

さてさて、

記事書こうと思っていたら、子供を風呂に入れて、
寝かしつけたら、一緒になって寝てしまう、子連れで~す。
(オークションで狙っていたブツも、Zzz.で入札も出来ず、
あえなく、チ~ン。)

そんな訳で・・・、

『上矢会 Vol.3』に参加された皆様、お疲れ様です♪
また、主催のゆいさん、takuさん、アソビットのスタッフの皆さん、
お疲れ様でした~、ありがとうございます♪


(第一部に参加された皆さんの集合写真です♪)

『上矢会』は、そのコンセプトにもあるように、
超お気楽なシューティングマッチです。

普段から本格的にシューティングをされている方は、
レースガンをネタ?的な銃に持ち替えて、ワイワイと、

また、

普段お座敷でしか撃たない方も、堅苦しくなく楽しく、

ベテランの方も初心者の方も、どちらも楽しめるのが
上矢会のいいところであると思います。


さてさて、

今回のコースはこんな感じでしたよ~♪

スタート地点から、手前のマンターゲット5枚を倒し、
次の場所に移動し、かなり大きめなスティールプレートを
2枚撃って終了となります。


マンターゲットはこんな感じです。

プラスチック製のターゲットなので、パワーのない銃でも、
当たれば倒れます。


しかし、

ちょっとイジワルがされていて、このようなバリケードで
隠されていたり、


マンターゲットの前に、

当たっても倒れないボーリングピンでブロックされていたり
とか、なかなか考えられていますね~。(さすが、takuさん!)

私を含め、皆さんこれには苦戦していたようでした。
(というか、楽しめました)


本日のゆいたんは、

ソードカトラスを2丁拳銃で、レヴィの日本仕様です♪
(赤毛のアンではありません・・・)

しかも、グレーのカラーコンタクトで、シベリアンハスキー
みたいなおめめでした。どうやらちゃんとはっきりと見えない
みたいですので、これはゆいたんらしい皆さんへのハンデと
見ました。(ニヤリ)

次回からは実射編です♪







  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(2)上矢会vol.3

2010年02月08日

スクリムシャンダーへの道 21

あ~、

さてさて、

本日、『上矢会Vol.3』に参加された皆様、
お疲れ様でありましたぁ~♪
記事UP、待っててね~。
(早くしろってのっ!)

まだ書いてないので、ちょっとこちらから・・・


いやぁ、

このコーナーも久し振り♪
前回から、半年以上も経っていたんですねぇ。


さてさて、


お察しの通り、

フェイクアイボリーグリップにスクリムショウを行います♪

半年振り、しかもプラ製の素材は、スクリムショウには
向かない、と井浦先生にも言われております。
なんでも、本物の象牙と違って綺麗に仕上がらないん
だそうです。

でもこんな分厚い象牙なんてとっても買えませんし、
まぁ、練習と考えて気楽に行きましょう♪
久し振りですので、勘が戻るといいのですが・・・


さてさて、

まずは針で彫る前に、表面をつるつるピカピカにしないと
いけません。

ぱっと見は、ツルツルしていて綺麗なのですが、
よく見ると、細かい小さな傷がグリップの表面にあります。
このまま彫っちゃうと、その傷にまで墨が入り込んで、
仕上がりが汚くなっちゃいます。

なので、まずは表面の傷を無くすべく、400番のペーパー
から、600→1000と上げていきます。


最終的には、

4000番(ピンクのペーパー)まで使いました~♪


その後、

こちらのコンパウンドでピカピカに!
(本当は金属用なのですが・・・使えたのでOK♪)


ここまでの作業で、仕上がりの出来が左右されます。
なので、あじゃさんのように棒ヤスリではなく、
ペーパーでシコシコしておりましたのよん♪


図柄はとりあえず、

モデルワークス・グレネードのグリップをコピーし、
使うことにしました。これをベースとしてハンマーの
マークのアップグレードを狙います♪




  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(6)スクリムショウ

< 2010年02>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
プロフィール
子連れ狼
子連れ狼
オーナーへメッセージ