2009年05月10日

スクリムシャンダーへの道 6

さてさて、
スクリムショウの作業は、象牙に延々と針で穴をあけることです。
なので、針が必要になります。

井浦先生から針を貸して頂きました。しっかし、なんてデカイ
針でしょう!普通の針と比べてみてね♪


もともとは何用の針なのでしょう?先が尖っていません。

これでは象牙に穴をあけることが出来ないので、ナイフや
包丁のように砥がないといけません。


先生の年季の入ったオイルストーンもお借りしましたぁ♪

おなじオイルストーンでも、あたりはずれがあるみたいで、
使いやすく、いいものはこんなに減っても使い続けるそうです。
もちろん井浦先生はこのオイルストーンでナイフを砥ぐ訳では
なく、商売道具であるタガネを砥ぐために使います。
オイルストーンは薄くなっているので、木の台に固定されて
います。


針を回しながら、砥いでいきます。

針は鋼(ハガネ)で出来ているので、非常に硬いです。


こんな感じで、一定の角度を保って砥いでいきます。

ナイフや包丁は砥いだことがあるので、その経験を活かします。


こ~んな感じになりましたぁ♪

ブログだと、あっという間ですが、ここまでになるには
1時間以上かかっています。


しかも、ただ尖がらせればいいのではありません。

このように、針の先をルーペで拡大して見て、ちゃんと先まで
砥げているか確認します。先端が白っぽく見えるうちは、まだ
砥ぎがたりない、という事です。自分では尖っているように
見えても、ルーペで拡大された針先はごまかしがききません。


本日の教訓 「針先までしっかり砥げ
         白くなくなるまでひたすら砥げ」


続く・・・






同じカテゴリー(スクリムショウ)の記事画像
スクリムシャンダーへの道 27
スクリムシャンダーへの道 26
スクリムシャンダーへの道 25
スクリムシャンダーへの道 24
スクリムシャンダーへの道 23
スクリムシャンダーへの道 22
同じカテゴリー(スクリムショウ)の記事
 スクリムシャンダーへの道 27 (2010-02-20 00:03)
 スクリムシャンダーへの道 26 (2010-02-19 00:03)
 スクリムシャンダーへの道 25 (2010-02-18 00:03)
 スクリムシャンダーへの道 24 (2010-02-17 00:03)
 スクリムシャンダーへの道 23 (2010-02-16 00:03)
 スクリムシャンダーへの道 22 (2010-02-14 00:03)

Posted by 子連れ狼  at 00:03 │Comments(6)スクリムショウ

この記事へのコメント
男なら大抵好むであろう「先っちょ」の・・・あ、失礼、こちらの「先っちょ」のお話し、画像とともに驚きました。
このようなご苦労があのような芸術作品を生み出す経緯のひとつなのですねえ。

ルーペで覗く大五郎殿。
「子は親を見て育つ」とも申しますし、こりゃあ井浦さんの二代目、三代目の道は見えて来たのでは?w
40年ほど後、大五郎殿に「あのぉ・・・エングレ・・・また、御願いしたいんですケドぉ」と御願いするのがちょと怖いですw(←気が早いっつのw)
あ、その前に狼パパに胡麻擂っておかなきゃ♪

・・・・なんて状況になったら・・・・腑に落ちないなあ(オイオイw)

追伸

井浦さんのオイルストーンを貸し出されるって、よく考えなくてもすごいことですよ。うん。
Posted by だいじそ at 2009年05月10日 19:55
着々と後継者の道を歩みつつありますね。

親子二代揃って先生の門を叩くとは(爆)

どんな仕事も道具は大事ですからね。

そういえば、東京都立愚堕愚堕高校機械課に入学したはずの某党首はどうしているのかな?
Posted by ryochan at 2009年05月11日 01:22
だいじそさん、

ご返信、遅くなってスミマセ~ン!
うちに新しいおもちゃが来たので、
そいつを弄くり倒していましたぁ~♪

さてさて、

そうそう、男なら誰でも望む、
「先っちょだけでいいから・・・、お願い♪」ですが、
(えっ?違う?)
彫るモデルによっては、すぐにタガネが減ってしまう
ので、彫るより、砥ぐことが多いモデルもあるそうです。
特に、マルシンの金属モデルガンは材質が硬いので
大変だそうですよ。その分、やりがいもあるそうですが。
(ニヤリ)


私が先生の二代目ですって?
そんな恐れ多いことを・・・
本家ジャニー様の2代目は、譲り受けましたが。

40年ほど後のご老体になってもまだ所望しますか。
それなら、ずっとエングレと一緒に居れるように、
党首のお体に私がスクリムショウをいたしましょうか?
お好きな銃をお好きなところに施しますわよ、うふっ♪

20年ほど後、大五郎に「あのぉ・・・おんなのこ
・・・また、紹介してもらいたいんですケドぉ」と
御願いすることになるかもしれませんですw

いやぁ~、
それにしても使い込まれた道具って、
それだけでも十分に存在感がありますよね。
先生といっしょに月日をかさねて来たんですもんね。
Posted by 子連れ狼 at 2009年05月13日 07:53
ryochanさん、


ryochanさんも返事が遅くなってゴメンなさ~い!
新しいアイテム入手で夢中になっておりましたぁ♪

少しでも井浦先生の素晴らしさを広めていければ、
とは思っておりますが、後継者だなんてとんでもない
ですよぉ~。

やっぱり、プロは道具を大事にしますもんね。

>そういえば、東京都立愚堕愚堕高校機械課に
入学したはずの某党首はどうしているのかな?

どうしたんでしょね?
留年?退学?転校?
いっこうにUPされませんね・・・
Posted by 子連れ狼 at 2009年05月13日 07:53
ハローハローぉ(声まで聞こえてきそうでしょう?w)
連投すんまそん

>そいつを弄くり倒していましたぁ~♪

コヅったらあ
電話口で声なんか聞かせちゃってぇ

「あん!いやん!聞こえちゃうん!」

( ↑実際は「ガチャッ!パンッ!パパンッパンパンパンッ!」でしたっけ?w)

・・・◯カか私はw

>(えっ?違う?)

そう、それですw

>特に、マルシンの金属モデルガンは

へ・・へぇー・・・そ、そそそうなんだぁ〜へぇー(汗

>お好きな銃をお好きなところに施しますわよ、うふっ♪

ありがとう。(爆
彫ってもらうのは、銃ではなくて勘違いしたジンガイがよくやっちゃってる「愛」とか「剛力」(いずれにせよ「漢字」でね)とかにしてもらいまひょうか♪

間違っても梵字とかやめてねw

>おんなのこ・・・また、紹介してもらいたいんですケドぉ

それを横からかっさらってゆくお茶目な大五郎パパ、という将来がボクには見える・・・見えるんだ(爆

>使い込まれた道具って、それだけでも十分に存在感がありますよね。

(まじめに)同感です!

>そういえば、東京都立愚堕愚堕高校機械課に入学したはずの某党首はどうしているのかな?

ちょっとちょっとぉ〜w
なによ他所様のとこでぇ〜w
あのねぇ〜「かな?」ってとこにスペシャルないやらしさが溢れてるわよぉもぉぉw
「はずの」とかも行っちゃってさ・・・・知ってるくせに(泣w

>どうしたんでしょね?
留年?退学?転校?
いっこうにUPされませんね・・・

ちょっとちょっとぉ〜
何よ二人してぇ〜もぉ〜
(ボクも苦労人だなあw)







回答



休学中でっす♪(←やっぱしw)
来月から復学しまっす♪(←これは皆が期待するコメントではないなw)

あ・・・・時間を割いてくだすったfさんの住む方角から・・・・ユラユラと漂うどす黒いオーラが見える!(汗

つかここで長文書いてないで更新しろっつの
Posted by だいじそ at 2009年05月14日 21:07
だいじそさん、

ハロ~ハロ~ですよぉ。
いやぁ~、先日は久しぶりに長電話しちゃいましたね。
気付いたら1時間以上も話していましたね~。
う~ん、男の人と長電話するなんて久しぶりですね。
しかも、大の大人がふたりして電話の向こうで、「バン!
バン!バン!」とかガスガン撃ったりなんかしちゃって、
いやぁ、でも楽しかったっス♪

しかし、虚空さんとの電話だともっと長電話になると聞いて
ちょっとやきもち焼いちゃったわぁ。

長電話するなら、スカイプがお勧めよ。
PCの前ならタダだし、画像や動画も送れちゃいます♪
ウェブカメラとか持ってたら、アナタ、「あ~んなこと」や、
「こ~んなこと」なんかもリアルタイムで今のありのままの
姿をお送りできますのよ。
(真面目な話、銃の分解とかをその場で生でお送り
出来たりするわけです)

コチラをご覧になってね♪
     ↓
http://msn00100.militaryblog.jp/d2008-01-29.html
Posted by 子連れ狼子連れ狼 at 2009年05月17日 10:59
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2017年05月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
プロフィール
子連れ狼
子連れ狼
オーナーへメッセージ